1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝顔
2009年05月19日 (火) | 編集 |
宝の持ち腐れになっている、韓国の中学生向け歴史教科書。


買った動機はただひとつ。

日本の事がどう書かれているか知りたかったから。
あんなこととか、こんなこととか、と想像していた書き方はひとつもされておらず意外と普通。

そうなのねーと拍子抜けして、そのまま棚にしまってしまいました。
買った当時はまだ難しくて、まともに読めなかったら結局卒業まで放置。

そして後生大事に日本に持って帰り、早一年以上。


ついに日の目を見るときが来そうです!


なぜ思い出したかというと、先日、先生の話を聞いたから。


「普通の小説もいいけど、教科書もいいよ。日本では小学生はほぼ朝顔を育てるけど、韓国は育てない。これだけでも、日本人と韓国人の朝顔に対する感じ方って違う。日本のテレビや本に「朝顔」って出てきても、その事実を知ってるか知らないかで、言葉から感じるものが全然違う。教科書を読むと、小中学校で学ぶこと、その国の考え方の基礎になってることがわかるから、言葉に含まれる感覚を共有できる。」


例えば、「夕立」。
この単語だけだと、日本人のほぼ全員が共有できる感覚って特別ないと思うんです。

でも、ひとたび韓国語の「소나기(ソナギ)」となると、これはもう甘酸っぱく切ない。
韓国人であればほぼ全員が知っている短編小説のタイトルです。
語学堂でもイルキの教科書に出てきます。

きっとこの感覚があるのとないとでは映画『クラッシック』を見た時の切なさは天と地だと思います。

文化を知ってこそ、単なる言葉の意味以上のものを知れるのですね。


「朝顔」を聞いて改めて実感しました。

たかが1年ちょっと行ってただけだから、全然しゃべれるうちになんて入らないし、学校に通ったって忘れるスピードを少し遅くしているだけに過ぎないけど、やっぱり言葉に終わりはないし、それに文化が入ってくるのって面白いなあって改めて感じました。

歌詞なんかだけ聴いてたって勉強にはならないなあ。。。
(モチベーションを高めるために私には必要なものだけど)

よし、もうちょい頑張るか。
スポンサーサイト
韓国語能力試験TOPIK
2009年04月25日 (土) | 編集 |
先週の日曜日に受けてきました。


「時間がない」は言い訳なのですが、全く勉強していなかったので、前日の夜受けるのやめようか考えたぐらい。

せめてもの悪あがきに時間配分を初めて考えてみた。
全体の時間は、語彙・文法・スギ(書き取り)で90分。トゥッキ(聞き取り)・イルキ(読解)で90分。

おお、、そうだったのか、、、(いまさら)


前半は、いつも作文に時間が足りなくなるから少なくとも40分は作文に使いたい。
まともに過去問なんて解いた試しがないけど、経験上、語彙や文法をゆったり解いてるひまはないってことはわかる。


ガリガリ答えて過去を振り返らずひらめきを大事にしてみたところ、なんと作文が終わったところで時間があまる奇跡が!

今までギリギリばっかりだったのに。(時間配分してないから)


やればできるね!

・・いや、まて。そもそもガリガリ部分の答えの信憑性なんてたかが知れてる。


さ、お調子に乗った雑念は振り払い後半に集中。


トゥッキは全員同じ時間配分されてるわけだから、どれだけ先に問題に目を通しておけるか。


超集中したね。私。


この試験の合否にはふたつの基準があって、平均点と合格点。
「4科目の平均点が一定ラインを超えてるか」と同時に、「すべて合格点に達しているか」。
つまり「平均的に」「それなりに高い」点数をとらないとダメなんです。
どれか一つが良くても、それか一つが悪くてもダメ。
でもね、ある程度平均点をひっぱりあげてくれるものも必要なわけです。

私にとってそれはトゥッキ。

ここでとらなくてどうする。
そのプレッシャーが集中力を高めてくれたようです。


その反動からから


その後のイルキ


ものっすごい眠気に襲われましたがーん





集中力意味なし。



勉強方法②<お天気お姉さん>
2008年09月06日 (土) | 編集 |
さて次。

ニュースのスピードに慣れてみましょう。

②お天気お姉さんと仲良しになれ(★★)

聞き取りで一番手っ取り早いものがテレビを見ること。ドラマもそれなりに楽しいけど、俗語が出てきたりすると辞書に載ってなかったりするので、できればニュースの方がいいかもですよね。でも聞いたことある人はわかると思うけど、ドラマに比べたらニュースは話すスピードが泣けるほど早いです。
正直言って、聞き取りの練習には最初のうちは不向きです。 しかも毎日内容は違うから覚えられる単語といえば大統領か牛肉か物価ぐらいです。
同じものと言えば株式ニュース?
難しすぎだし初級中級ぐらいで「株価がさぁ」とか言い始めたら確実に韓国人はヒキます。

では毎日同じフレーズのものは?

そう!天気予報です。
さすがに毎日同じ天気ではないけれど、「今日の天気は~」に始まり、朝昼晩の天気をいい、明日まで。あわよくば週間天気。そして各地の天気です。 もれなく独島の天気まで聞けて、さらに波情報もあったり。 最後は「天気でしたっ」とスパッと終わる潔さ。

天気予報を毎日聞いてると韓国語にいかに形容詞が多いかを体感していただけるかと思います。
ただね、やっぱり早いし形容詞多いから最初普通に聞くとキョンナムチバンだの地域しか聞き取れなかったりするんですよ。 そこで無理したってわかんないもんはわかりません。

ここで役立つのがスクリプト。
NAVERという素晴らしいサイトがあります。わからないものがある時はNAVERに聞け、と答えが返ってくるぐらい情報満載の便利サイトです。
そこに各放送局のニュースの動画が5日分ぐらいアップされてます。

NAVERに入り、「ニュース」をクリック↓
NAVERtop.jpg


次に「天気」をクリック↓
NAVERwether.jpg

天気図が出てくるので右側の動画らしきものをクリック↓
NAVERwether2.jpg

各放送局のニュースの動画が一覧で出てきます。「動画」というところをクリックします↓
NAVERwether3.jpg

すると、動画が始まり右側にスクリプトが出てきます。
NAVERwether4.jpg

最初は見ながら、わからない単語は調べて、また聞く。口に出す。
スクリプト見ながら同じスピード同じトーンで話してみる。

これで逃すことなく聞き取れましたね(・∀・)
私、最初は一時間ぐらいかかりました。
でも毎日聞いてると同じ季節は同じ単語が続くし、実際に自分が体感している気候を説明しているので日本語に直せない単語も想像できますよね。涼しいっていう表現にも春と秋では表現が違ったり、立春とか啓蟄とか日本と同じのがあったりして面白いです。 だんだん涼しくなってきたり台風がきたり、雪が降ったり。山間部ではどうだとか。たった、1分足らずの動画の中でも盛りだくさんに楽しめますよ。

だんだん好みのお姉ちゃんが出てきます。
喋り方とか?
ちなみに私はMBCの朝のニュースの姉さんが大好きです。
(単にいつもMBCばっか見てたから見慣れてるだけ)

さあ、ファイティン!

※難しいなと思ったら無理せず週一回とか2週間に1度とかにしてみてくださいね。


勉強方法①<身近なもの言えるかな>
2008年09月04日 (木) | 編集 |
上達に近道はないのです。
が。 険しい一本道に見えるその道をできるだけ平らにする方法はある。
どうせ長い道なら少しぐらいラクして行ったほうがいい。

いくつか私が試して「これは役に立った!」と思うものをご紹介していこうと思いまーす。


①身近な単語を叩き込む
普段、何気なく毎日する行動や、身近なものの単語を言えますか?
いくら難しい単語を知っていても、身近なものの単語を知らないと役に立ちません。

そこで、まず目の前にあるものを言えるようにしてみましょう。
強制的に目に入るようにすればいいんです。

ここで登場するのはポストイット。
わからない書けない読めない単語を片っ端からそれに貼ってしまいましょう!
そしてそれを使うときに声に出す!せっかくだから動詞も一緒に!

テレビには「テレビ」だけじゃなくて「テレビをつける、けす」
洗面所には「歯」だけじゃなくて「歯をみがく」
ドアには「ドア」だけじゃなくて「ドアを開ける、閉める」「ドアが開く、閉まる」

わぉ。一石二鳥ですね(・∀・)

これをすると、毎日やることはイヤでも一日最低一回繰り返しますから覚えます。
朝起きてご飯を食べて「歯をみがく」、家を出る時に「テレビを消す、ドアを開ける、ドアを閉める」と。

ポイントは口に出して洗脳することです。
洗脳ってのは、つまり。 その単語もしくはフレーズを聞いた時に画が浮かぶか。
その動作をした時にそのフレーズを単語を浮かべられるか、です。

ファイティンっp(^-^)q
韓国語能力試験
2008年04月20日 (日) | 編集 |
韓国語能力試験(TOPIK)を受けてきました。

元々あまりこのテストに受かることに執着していない気合のなさが悪いのか
集中力がもちません。
『解くこと』だけに集中できればどれほど時間を短縮できたことか。

時には感心してみたり、
時にはその先の話を想像してみたり。
中に書いてある文章に気を取られること10数回。

そして「肥満率の調査結果」が書いてあるグラフや文章を読みながら
無駄に数値を計算してみたり、全く問題と関係ないことに興味をそそられること数回。

トゥッキ(聞き取り)中に「長いな~。早く終わんないかな~」と思うこと数回。
対話文に対して、心の中で突っ込んでみたり。

『注意散漫』という言葉がぴったりの3時間でした。


そもそも、私はまだまだ単語量や言い回しの種類の豊富さが足りないので
正直合格レベルには全然達してない・・・。
受かったらラッキー。

テストを受けるからには最低限テストの時間配分ぐらいは知っていくべきだったと思いました。
あちゃー


はい。

またしてもタイムオーバー。


反省はちゃんと生かさねば。


せっかく大統領の話までいって(自分の中で)盛り上がってきたっていうのに
無常にも鳴り響くチャイムの音。

惜しい。

非常に惜しい。

「指導者に求められる条件とは?」
という論文タイトルに気分を盛りあげるのがちと遅かったようです。


こういうのはチャダメ(討論会)でやりたいな~


色々わーわー言いましたが、まとめますと。

やっぱり勉強しないとダメだってことです。

はい、よくわかりました。
頑張ります。

帰国後の勉強方法
2007年11月06日 (火) | 編集 |
語学堂では課題に終われてたので、常に自ら韓国語に触れていました。
というよりは現地で生活しているので、耳にも目にも自然に韓国語が飛び込んでくる環境です。

日本にいると極端に韓国語に触れる機会はなくなります。
自分から聞いたり見たりしない限りは離れていく一方です。

頭ではわかっても、耳では聞けても、口がついていかなくなるそうです。
忘れては困るので、なるべく韓国語に触れる環境を作るようにしています。
同時に英語もやらなくてはいけないのです、私。

まだ仕事を始めて日が経ってないので、勉強のペースはつかめてませんが、通勤時間は日本語には触れません。

<通勤時間>
これは相当でかい時間だと思う。これを無駄にする手はない。
○K-POPを聞いているか、英語を聞いているか。
○目では韓国語の本読んでます。
私の頭、大忙し。

<会社>
毎日強制的に英語に触れているので、これは良し。
メールも半分以上は英語。ちょっと韓国語。
読んでるものはほぼ英語。

<家>
DSで英語漬け。
これ、勉強ではないです。ほぼ、趣味です。楽しいです。
さすがゲーム会社。脳トレより楽しいです。
ちなみに脳トレは韓国語バージョンです。
土日で時間がある時は、韓国語ジャーナルのCD聞いてます。

特に勉強らしい勉強は仕事があるとなかなか出来ないんですが
それでも独学で勉強して900点取っちゃったなんて方もいらっしゃるので
出来ないことはないんだと思います。
要は本人のやる気次第。

私の場合は、やる気よりは追い込まれ具合。
ギリギリ??
2007年11月05日 (月) | 編集 |
9月の帰国直前に受けた韓国語能力試験の結果が1日に出ました。
※TOPIK公式サイト⇒こちら
語学堂の卒業をかけた期末テストが終わって、
卒業できた~ってほっとして
帰るまで遊ぶぞ~!って気合入れてたら

すっかり能力試験の勉強はそっちのけでした。

たまに友達と「勉強」と称してカフェでお茶してたぐらいです。
結局しゃべって、韓国人の友達の日本語と英語の勉強を眺めてたぐらい。

気づけば問題集は真っ白なままで、一時期はもう受けるのやめるか、
とまで思ってたんですが、お金を払ってるので一応受けてみることに。

で、当日。
テスト自体はトゥッキ(聞き取り)はまあそれなりに出来た気がしたんですが、スギ(文法)がボロボロ。勘でやった上に、時間配分がうまくできなくて。
最後に900文字制限の作文があるんですが、500~550文字ぐらいしか書けずに終了してしまいました。

とまあ、こんな具合なので記憶の中から消し去ろうと思っていた試験なのですが、結果が出たので興味本位で見てみることに。

私が受けたのは初級・中級・高級の三段階の中の高級を受けました。
ある一定の点数以上は6級、それ以下は5級、さらに最低限のレベル以下は不合格となります。

さて。

私は。どうだったでしょう。












続きはクリック↓
[READ MORE...]
飛び入り参加
2007年10月03日 (水) | 編集 |
留学前に通っていた韓国語教室へ遊びに行ってきました。

ちょっとだけ見学させてもらおうかと思ったんですが、全員知ってるお友達(友達だなんておこがましいですが)ばっかりだったので、ノリノリで最後まで授業に参加してしまいました。普通見学っていうと教室の端っこで眺めているってかんじなんですが、なぜか普通に席に座ってしまいまして。。。実は先生も以前振り替え授業で教えてもらったことのある先生で、先生も「はい。じゃあ次読んで」って。

やっぱり良いですね。戻ってきたってかんじ。
また戻るかどうかは別として、ものっすごく楽しい時間を過ごせました。

元いたクラスは私が留学することで消滅してしまったのと、先生も今は韓国に戻っていらっしゃるので、別のクラス別の先生なんですが、それでも楽しく受けられるのは、お友達のおかげです。

腹がもげるほど笑いました。ありがとう。
自由すぎる授業は最高です。

就職したら戻っちゃおうかな~。
模索中
2007年10月01日 (月) | 編集 |
帰国直前、韓国語能力試験を受けてきましたが、結果はまだ出てません。
大体作文があんなに時間がかかるとは思わなかったし、時間が明らかに足りないし。もともと忙しくって全っ然勉強してなかったので受かろうというほうがずうずうしい気がします。

というわけで今検定を受ける気にもならないのですが、どうやらハングル検定というものがあるらしいです。実はだいーぶ前に奇跡的に3級を合格したのですが、それをいつ受けたんだか、記憶にございません。記憶のなさと、韓国語学習暦を考えるとたぶん韓国語を勉強し始めてちょっとしたころだった気が。。。ほんとに覚えてないな。覚えてないってことはたいして勉強してなかったんです、きっと。単語だけは勉強した記憶があるんですけど。

日本に戻ってくるとモチベーションが保てません。
授業があるわけでもなし。試験があるわけでもなし。発表があるわけでもない。
勉強する理由がないんですね。
でも勉強する理由なんてそもそも必要ないわけですが、今の私には必要なようです。なので頑張ってハングル検定なんて受けてしまおうかとたくらんでおります。

締め切りは今週の金曜日。

果たして受けるでしょうか。
ってか問題集も結構高いんだよね><
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。