1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の水曜日。
2006年06月14日 (水) | 編集 |
留学前に受ける最後の授業。

2004年3月の始めて2年ちょっと。
仕事で毎週通えないときもあったけど、ほぼ毎週通っていました。
2年間ずっと通えたのはもちろん韓国語が好きなこともあるし、それ以上に先生にとても恵まれていて、本当に感謝してもしきれないぐらいのすばらしい先生でした。

先生の真似をしてみてもあのキレイな発音にはちっとも近づけなかったけど、ぺらぺらになって先生と韓国語で普通に話せるようになるぐらい上達して帰ってくることが、一番の恩返しになるんだ、と思って頑張ろうと思います。

「今日は最後の授業だね~」と最後の10分間はいろいろと今までのこととか向こうへ行ってからのこととか話してちょっとしんみりしちゃいました。
が。
なぜかミーティング(韓国語で合コン)の話になり、行く前には化粧するだとか、女の子同士で作戦練るとか、そんなことばっか話してました。先生、100回はミーティンしてるらしいよ。見かけによらずやるな、ソンセンニム。

最後ついでに、次の授業も出てみました。先週行こうと思ってたけど、風邪引いて自分の授業で精一杯だったので(私が休むと先生が行き場を失うため、這ってでも行ってた)今日にしてみた。噂に聞いてたナムジャが噂どおり面白くって最後は何言われても笑いそうでした。

ほんと、ここに通えなくなるのが一番寂しいなー・・・

친구들~~ 한국에서 또 만나요~
スポンサーサイト
あなたの動機はなんですか?
2006年04月09日 (日) | 編集 |
今まで韓国語を勉強している人にたくさん出会ってきたけど、その時始めたきっかけはほんと十人十色。


旅行が好きだから。
旦那が韓国人だから。
韓国語をみてハングル酔いしたのが悔しくて。
韓国の俳優や歌手が好きだから。(びっくりするぐらい少数)


私はー・・実はよくわからないなーw(おいおい)
おなじみの質問、「なんで韓国語始めたの?」には適当に答えてる。
大学2年の時に、第二外国語で習ってた。
その時に「JSA」を見た。
でも授業は単位をとるためだったから文字が読める程度だし。中国語もとってた。
映画だって、あえてみたわけじゃなくて、たまたま見た映画を好きなだけ。
韓国語の歌なんて聞いたこともなかった。
韓国に行ったのも、習い始めてからだし。


社会人になってなにか勉強しようと思って、
じゃあ韓国語やろうっておもった。
それだけ。なぜか韓国語だった。


だから私は運命だと思ってる。(おおげさ?)


だって英語だって、授業でとってた中国語だって、大好きなイタリア語だってよかったはず。
それが無意識のうちに韓国語を選択してるなんて
自分でも意味がわからない^^;


留学を決めたときも、ためらいも悩みも何もなかった。
いまだ!留学しちゃえー(≧∇≦)って。(お気楽だな、私・・)


悩みといえば、いつ会社に言おうかな。ぐらいか。



これだけ。
感覚だけで生きてる人間ていうのはこんなもん。
そう、なんとなく。


でもおなじみの質問にはきっと適当にちゃんと「らしく」答えます。

予習・復習
2006年03月19日 (日) | 編集 |
学生の頃は、予習・復習が大事だと分かっていても、やったことありませんでした。


が、今、毎週習っている韓国語の授業。

予習・復習なしにはできなくなりました(涙)

一度先生から「次の週は予習をしてきてね、進むのが早くなるから」と言われてしていったら、全く理解度が違って。一度見ている文章だから、授業中に単語をメモったりしなくていいし、反対語とかを調べていくと聞かれた時もすぐに出てくるし。何より確実に悪くなった記憶力が、予習して授業して復習すると、自然と3回は目に入るので、忘れにくくなりました。
この良さを知ってからは、なんとなく何もしないで授業に行くのが不安で。でも割ける時間もそんなになくって。でもなんとか優先してやらないとー!と葛藤しているわけです。


でもきっと無駄ではない!と思って頑張ります。
今日の韓国語(2/8)
2006年02月08日 (水) | 編集 |
今日はまじめです。
何が真面目かって。

予習していきました。

当たり前ですか。当たり前ですよね。
知ってます。

先週、ソンセンニムである師匠から
「来週は予習してきてね。進むのが早くなるから。」
言われビビったというのが理由です。


さて、今日は『~しなければならない』『~してもいい』。


ちなみに私の師匠、授業はすべて韓国語。
一切の日本語ナシ。
わからない単語の説明も韓国語。

教科書の例題を読みつつ、
じゃあ、この単語を使ってーとか
「どんな時に~しなければいけませんか?」なんて質問されて答えるとか。


先週の単語テストでぼろぼろだった私たち。
そして来週もある単語テスト。
必ずくると思ってたこの例題。
絶対聞かれると思ってたこの質問。


「韓国語が上手になるにはどうしなければいけませんか?」


求められている答えはただひとつ。
「単語を覚えなければいけません」


でもちょっと反抗心の沸いた私。(なぜ?)

私「留学しなければいけません」

師匠負けません。
師匠「それもそうね。他にもありますよね?他には?」

私「うーん・・・一生懸命勉強します」

師匠「~しなければなりません(を使え)」

私「うーん・・・」

師匠「Yシは?」

Yシ「単語を覚えなければなりません」

おぉ・・・根負けしたね、Yシ。

師匠「思いついた?」


もう求められている答えしか思いつかない。でも変な意地をはったがためにYシがすでに回答済み。
そしてとっさに出た回答はこれ。


「単語を覚えなければいけませんが、今週は仕事が忙しいので単語テストは再来週にしてもいいですか?」


今日習ったことを二つも同時に入れたどころか、来週の単語テスト阻止の私情を込めているので、普段よりスラスラです。
いつもこうだったらいいのにー


単語テストは来週やるって。えーん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。