1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国結婚式レポ(総括)
2006年09月30日 (土) | 編集 |
長かった結婚式レポもこれが最後。
全部読んだ方、お疲れ様でした。少しは伝わったでしょうか?

文化が違うから日韓を単純には比較できないけど、一つ言えることは韓国でも色々な形態の結婚式が行われいるということ。日本でも白無垢で式を挙げる人が年々少なくなっているように、韓国でも伝統的な結婚式を好む人は少なくなってきているようです。

【披露宴】
☆席は自由
☆誰でも参加可能
☆入場⇒挨拶⇒写真撮影⇒お色直し⇒ケーキカット⇒終了
 なんとも簡単。両親への手紙なんてものはない。

【ご祝儀】
☆3万ウォン~5万ウォンが相場

【服装】
☆あまりにラフでなければ良い。
☆男の人で白いネクタイをしている人は見なかった

日本との大きな差はこんなところでしょうか?

私的な感想を言わせてもらうと、

絶対に韓国では結婚式を挙げたくない。

私は日本の結婚式の方がいいな~。
スポンサーサイト
韓国結婚式レポ(パーティ編)
2006年09月30日 (土) | 編集 |
結婚式のため当然いつもよりは小綺麗にしていったわけですが、
韓国人オッパより예쁘다ではなく아름답다といわれて小躍りです。
(わかる人だけわかってください)

さて、披露宴が終わったあと、ちょっと時間をおいて、内輪だけのパーティがありました。江南のバー貸切。金持ちのやることはよくわからん。

私は日本から来た方とお話しさせていただいたり、司会の人が進行している内容を簡単に通訳したりしていたため、あんまり飲まなかったけど、韓国人の飲む量はハンパない。たかだか2~3時間のパーティだったけど、各テーブル5~6人でテーブルごとにビールは大量に、ウィスキーのボトルが2~3本あくって・・・日本だったらウィスキーってロックで飲むと思うんだけど、韓国人はソジュ感覚でストレート。こいつら割るっていうこと絶対知らない。

このパーティで昔から行われている伝統のことをやってくれた。
新郎の足の裏を干物で思いっきりたたく><!!
やる人は1万ウォン払ってね~って言ってたけど、何人もの男の人がやっていて、新郎の足の裏は真っ赤に腫れてました・・かわいそうに。
昔はね、新郎が家の軒先につるされて、足の裏をたたかれたんだって。いじめてるわけではなくって、「悪いものを出す」とか「健康を願って」って意味があるらしいけど、新郎にしたらいい迷惑。

その後、あることを新郎新婦がやったんだけど、とてもじゃないけどここでは載せられない。。。ごめんね。写真はもっとリアルで載せられません。ヒントはバナナ使用。ご想像におまかせします。


韓国結婚式レポ(ペベク編)
2006年09月30日 (土) | 編集 |
さて。

披露宴で新郎新婦が退場した後、通常は親族だけで行われるという「ペベク(폐백)」という儀式を見せてもらうことができました。
ホテルにはペベク室というのがあります。新郎新婦は韓服に着替えて、ペベク用の衣装を着ます。昔は自宅で行っていたこともあったようで、もっと厳密にやると長い儀式のようなのですが、今は簡略されているとのこと。

20061002162717.jpg

*旦那様のお母様へクンジョル中

新郎新婦に両親や親戚が祝いの言葉をかけ、新郎新婦がお酒を振舞います。両親が新郎新婦が持つ布めがけて、栗やなつめを投げます。これは子宝に恵まれるようにとの意味があるらしいです。それから、新郎が新婦を背負って部屋を一周します。お母様の背負われてました。

結婚式ではまーーったく感動の場面はなかったし(もちろんキレイだったしステキだったけど)、日本みたいに感動を演出することもなく淡々と進んでいくから、新婦の涙なんてものは見なかったけど、ペベクの最中、クンジョルをした時に新婦が泣いてました。
ああ、韓国人にはクンジョルとか大きな意味があるのかな、って思ってて横にいた新婦の妹に「お姉ちゃん、泣いてるよ」って言ったら

「え?なんで泣いてんの!?」

人によって感動は様々のようです。
韓国結婚式レポ(披露宴編②)
2006年09月30日 (土) | 編集 |
お友達代表がまず先頭を歩き、次に新郎入場。
そして、新婦がお父さんと一緒に入場します。
で、途中で新郎にバトンタッチ。
これは日本の教会のシーンと似てるね。でも感動はなかったけど。。

入場してきた新郎新婦は席に座ることなく、神父さんらしき人(どうみても神父ではないけれど、同じような役割を持っていると思われる仲人的な人かな・・)の前に立ち、彼の話を聞いている。
話の内容は「仲良く暮らしなさい」とか「たくさん子供に恵まれますように」とか「新婦は新郎をいつまでも敬い、新郎は新婦に永遠に愛情を注ぎなさい」みたいな新婚家庭を築いていく上での教えみたいなもの。

長そうに思えた話も、日本で言う主賓挨拶に比べたら相当短い。
その後二人はみんなの方を向き、両側に座っているご両親の前に行って挨拶。ここでようやくご飯が運ばれてきました。

余興みたいなものは韓国にはないと聞いていたけど、結構若い男の子が結婚式ソングらしきものを熱唱。歌詞はベタです。「ノム サーランヘ~♪」ってサビで繰り返してたから。
20061002162843.jpg


2組目は、高麗大学の合唱部のOBOGの方のようで。
二人とどんな関係がある人たちなのかは不明。

それが終わると、おもむろにカメラマンが「お友達の方々~!!前で写真撮りますので集まってくださ~い!!」って。
披露宴中に集合写真を撮るんです。まあ、合理的っちゃ、合理的。わざわざ他で集まったりする必要ないもんね。ここが一番人が集まるところだし。
まあ、集合写真だけなんだろうと思ってたら!
新郎新婦がカメラマンに言われるがままに少し前に出て、向かい合わせにさせられた。新婦の後ろにはお友達らしき人が。何が始まるんだろうって思ってた次の瞬間、ブーケがポーン!と宙を舞いました。
はい、ブーケトスです。お友達一同は集合写真の態勢のまま。その光景を見守る。他の出席者はご飯を食べて雑談中。
ざわざわ状態のままブーケトス終了

お友達が席に戻ると続いては家族写真です。
今振り返れば、家族写真もここで撮るんかい!と突っ込みたくもなりますが、その時はもうなんとも思わなくなってきていた自分の適応力に乾杯。

20061002003532.jpg

*親戚一同。ここの後ろが上座です。

写真撮影の最中、花はどけるわ、イスはどけるわで、カメラマンのやりたい放題。自由すぎます。

写真終了後は、新郎新婦のお色直しです。
気づいたら新郎新婦はいなくなってました。

その間にご飯がダーッッ!!!と出てきた。ご歓談なんて余裕はなくうっかりゆっくり食べようものなら片付けられてしまう。おかげさまで楽しみにしていたお肉は、新婦の親戚としゃべってる間に持っていかれちゃいました。あーあ。

さてさて。
新郎新婦の再入場です。

今度はウェディングドレスではなく、韓服を着て登場。
各テーブルにキャンドルサービスってのはなくて、会場に設置されたキャンドルに火をつけるだけ。その代わり、新郎新婦と両家のご両親が一緒に各テーブルを回って挨拶。ただ、「ありがとうございます」って言って回るだけなんだけど、係りの人が横についてて、いちいち「はい、挨拶してください」って言ってるのがなんか変だった。こっそり言えばいいのにねえ。
挨拶に回った後はケーキカット。
ウェディングドレスでやったほうが雰囲気は出そうなんだけど。。。
どう?

20061002162730.jpg


そしてまたもや気づいた時には新郎新婦はいなくなってました。

日本から来た方たちと談笑していると、親戚の方から
「せっかくだからペベクを見ない?」
と誘われた。

~ペベク編に続く~

韓国結婚式レポ(披露宴編①)
2006年09月30日 (土) | 編集 |
さて。

会場の最寄駅に到着。基本的に道に迷わない『地図の読める女』である私は男バリに道案内できます。かわいらしく「わかんな~い」とでも言って、Tオッパに電話し、迎えに来てもらうというシチュエーションも望むところだったんですが、全く迷うことなく、初めて行く場所とは思えないぐらいのスムーズさで到着。
(ちなみに私を迷わす唯一の土地、それは明洞。あそこは道が多すぎて惑わされるため無理)

披露宴会場に到着すると、日本からのお客様発見。知っている人だったからちょこっと話して、受付に。
ここで第一の衝撃が。日本だとご祝儀はご祝儀袋に入れて(正しくはふくさに包んで持って行って)渡すよね?私はご祝儀袋も用意してなかったし、ふくさも持ってないから、急遽コンビニで手に入れたご祝儀袋にトイレでひっそりとお金を入れて持っていったんです。この時点でなんだかごめんね、という気持ちだった。けど!!受付に行ったら、そこに封筒が置いてあって、みんなそこでお金いれて渡してるの~!!!受付の目の前でお財布からお金を取り出し、封筒にいれて「おめでとうございます」。あんまりめでたくないような・・・。全員が全員ってわけではなかったけど、招待してない人でも結婚式にこれる韓国ならではこその習慣なのかもしれない・・・

その衝撃冷めやらぬ内に、新婦のイモ(母の姉妹・2ヶ月ぐらい前に一緒に買い物したこと有)に会って、別室に連行案内されると、そこにジュヨン(新婦)が!!
別人です、別人。
やっぱ花嫁はきれい~~~♪さすが本日のヒロイン。

20061002003517.jpg

*親戚の方々。ちなみに後ろ真ん中がイモ。

時間も時間ということで写真を一緒に撮って、会場へ。
すでに司会の人が話を始めてました。
ここで第二の衝撃。席次表がない。つまりどこに座ってもいいんです。
で、韓国人の方と日本人の方と一緒に行き空いてる席へ。座ってから気づいた。

ここ。。。家族席だ。。。

気づいた時には時すでに遅し。新郎新婦入場です。一緒に居た韓国人に家族席であることを伝えると、彼らもびっくりしてたけど、すぐに「たぶん平気だよ」と。まあ、韓国人の言うことだから大丈夫だろうとそのまま家族席、しかもまん前特等席で見ることに。

~披露宴編②に続く~



韓国結婚式レポ(準備編)
2006年09月30日 (土) | 編集 |
今日は待ちに待った結婚式です。

前イベントも結構たくさんあってなかなかたどり着くまでが長かったこの日。友達の私でさえ長く感じているんだから、当の本人たちにしてみたらもっと長かったのではないかと思う。


「日本とはあきらかに違う」
と聞いていたため、どんなもんだろうとある意味楽しみにしていたのだが、どんな服装をしていけばいいのかわからない。事前に旦那(新郎)に話を聞いてみたところ「ジーパンじゃなければいいよ」とのこと。そう言われたものの、会場であるグランドインターコンチネンタルのブライダルサイトを見る限り、間違っても普段着で行ける様な普通の場所ではない。

とりあえずネットで色んな情報を探ってみるものの、共通したものがなさそう。つまり、式によって全くバラバラ。
日本でも式の形態はたくさんあるけど、基本的な流れってみんな同じじゃない?式とか披露宴から出る場合は、ちゃんとドレス的なものを着ていくし、2次会だってちゃんとした服着ていくよね。

最初はワンピースでも着ていくかと思っていたけど、結局は黒の揺れるかんじのスカートに、キラキラのついた黒のキャミ。それにカーディガンを着ていきました。アクセでちょっと結婚式っぽくしてみたものの、日本の結婚式にはこの格好では出れないです。2次会ぐらいかな。

さて。ご祝儀はどうしたらいいんだろう・・。
ネットで探してみると、だいたい友人だと30000ウォン~50000ウォンが相場とのこと。日本の10分の1!!!新郎新婦はどこから費用をまかなうんだろうねえ。と余計な心配をしてみるものの、貧乏学生にはとっても心強いこの設定。コンビニでご祝儀袋のようなものを買ってみた(3つ入って300ウォン。安っ!!)。果たしてこれでいいものか。

ようやく結婚式場へ出発です。

披露宴編に続く♪

ダブル発売日
2006年09月29日 (金) | 編集 |
重大任務の日です。

日本より指令『東方神起のCDをゲットせよ』。

そういえばBIGBANGも同じ日に発売だった気が・・・

あんまり売り切れって聞いたことないな~なんて思いつつ、教保文庫に向かう途中で、ジャケットだけ確認するためにシンナラに寄った。

あれ?売ってない・・・
まあ、でも発売日が変わることなんてこっちじゃよくある事だから。
アジョッシに聞いてみた。
「売り切れたよ」

うがー。これだけCDが売れないご時勢でありながら売り切れるなんてすごいな~と感心しつつ、内心、教保でも売り切れてたらどうしようなんてドキドキしつつ行ってみたら。

でっかい特設コーナーが出来てて人が群がってました。
まるで甘いものにたかるアリンコのように。
なんてわかりやすいんだ。

人ごみを掻き分けてCDを手に取り、さあ任務完了。
よし!BIGBANG!と探すも見つからず。
これは大変だ!!必死に探すも見つからず。

東方用に作られた臨時のレジのお兄さんに半泣きでBIGBANGのCDはどこですか?と聞く27歳。
その様子を見て憐れんでくれたお兄さん。

無下にはできないと思ったらしく、たぶんもっと人ごみを掻き分けて行けばあったんだろうけど、レジ下の在庫から持ってきてくれて、東方の臨時レジでお会計してくれました。もちろん東方のCDも持ってたんで全然いいんですけどね。
ポスターも計3本。

ふとレジの隣を見ると東方のCDのジャケットと同じものが目に入った。「それ何ですか?」と本気で何かわからなくて聞いてみたものの、すでにお兄さん、それを手に取り私にくれた。
クリアファイルでした。

傍目からみたら、
東方のクリアファイルをねだる27歳。(ただ聞いただけ)
しょうがないな的な感じで渡す店員。
ウキウキで帰っていく27歳。(BIGBANG手に入ったから)
どうみたって東方のファンだっただろうね。

もらえたからいっか。

20060930014951.jpg

*結構ジャケットかっこいい。私も欲しくなってきた・・・


20060930015014.jpg

*うしし。CD開けて確信した。あ、これは5ヶ月連続で出すな、こいつら。で最後にアルバム、どーん!!みたいな。だってさ、中についてくるネガみたいなのがあるんだけど、それが前回はGドラちゃんで、今回はテヤンだもん。順番にいかないとかわいそうだよね。
で、ワンコンか・・うーん考えたな。
新村ミリオレOPEN
2006年09月28日 (木) | 編集 |
新村の汽車駅にミリオレが出来た。
9月22日にオープンしたばかり。

ミリオレってのは簡単に言えば、ファッションビル。
東大門とか明洞にあるのと同じです。

私が渡韓した時から工事はしてたけど実際に何ができるか全く知らなかった。ちょっと前の汽車駅はすごーく小さくて、駅舎が小さすぎて発見されないぐらいのかんじだったのに。突然、駅ビルです。なんという出世。

ちなみに汽車駅っていうのは、地下鉄の駅とは違うんです。国鉄が走ってます。乗ったことないけど・・・ここの窓口で、大邸や釜山に行くKTXのチケットとかも買えます。地下鉄の駅からだと新村と梨大の間ぐらいで、梨大女子大学のほぼ隣。そんなところにあります。

さて、テナントのスペースは1~4階まであるのに、実はまだテナントが2階、3階ぐらいしか埋まってません。東大門のなんとかっていうビルがオープンした時もそうだったけど、これ韓国のすごいところ。
テナントが埋まらなくてもオープンしちゃう。

例えばね、某丸井の中のテナントが60%ぐらいしかなくって、1階には入り口付近にしかお店がない。というのを想像していただけるとわかりやすいかと。
とりあえず埋まってはないけど、オープンしてみるか的なかんじだと思うけど。積極的韓国男子の付き合い方のようです。「嫌いじゃないならとりあえず付き合ってみようよ。好きか嫌いかはつきあってから考えればいいじゃん」ってね。(一部男子に適用ですが)

東大門や明洞のそれと同じように外にステージがあります。
今日はこんなイベントやってました。

20060930015039.jpg


8日まではプレゼント引換券があればプレゼントもらえるそうです。
お店はすっからかんだけど、映画館もあるし、キレイだし、ちょっと楽しみ。
お近くの方もそうでない方も、ぜひぜひ行ってみてくださいね~
サイン入りが市販??
2006年09月27日 (水) | 編集 |
えーまたもやBIGBANGネタですが。

先日、光化門の教保文庫にふと立ち寄った時、BIGBANGのCDが目に止まった。友人に「これだよ!このグループだよ!」といらぬ興奮を押し付けていたわけなんですが、私が持っているやつと何かが違う。

何だ?

何なんだ??

・・・わかんない。



あ!!!!!

サイン入ってる!!!!!


明らかに直筆のサイン入りCDが目の前に。

どうしよう・・・
同じの持ってるんだけど・・・
同じ歌しか入ってないのに・・・


なんて考える間もなくレジに向かってましたけど。
何か?

20060928013308.jpg

*ちゃんと一人ずつ写真のところに本人のサインが。

先生!
2006年09月26日 (火) | 編集 |
日本語の生徒との初対面。

とりあえず女の子だ、という情報だけを頼りに行って見る。
レベルも年齢もわからない。

30分遅刻してきた彼女は、日本語ベラベラでした。

なんでそこまでしゃべれるのに習うの?って聞いたら
もっと自然にしゃべれるようになりたいから。って。

文法とか教える手間は省けていいんだけど(ってか文法なんてわかんないから教えられないし)、普通に会話したいなら友達作ったほうが早そうな気がするんだよね・・
何か私が教えてあげることができるのか、という一抹の不安が。

だって、今読んでる本が、

古今和歌集

国語の時間以外で読んだことないよ・・(泣)
秋学期開始!
2006年09月25日 (月) | 編集 |
今日から秋学期が開始です。

クラス発表は金曜日にされてたけど、今日の朝確認。

10月の頭には大型連休(飛び石である二日間を休めば、の話)があって、パンハク終わったばっかりなのにまた連休?ってかんじでやる気がなくならないように頑張らねば。

スピードも多少速くなるみたいだけど、追いつけないスピードではなさそうなので、なんとかやれそうです。ただ、途中でスピーチとか結構あるからそれが大変そうだな・・・
いつかその苦労が力になるんだと信じて。

今学期は日本語教えたり、エクスチェンジもなぜか増えたり、相変わらず放り出したくなるほど予定がありそうだけど、それも今しかできない経験だから。勉強するにはいい環境にいるよ、ほんとに。

余裕のあるうちに、前の級の復習をやっておこう。。。

よくばりソウルツアー!二日目
2006年09月24日 (日) | 編集 |
さて、二日目。
こんなかんじです。

 梨泰院:ブーツのオーダーメイド
 新村:グランドマートでお買い物
    チムジルバン
    夕食

昨日の帰りは遅かったし、前の日はあんまり寝てないってことで遅めのスタート。革製品が安いってことで、二人のリクエストが「ブーツが欲しい!」。調べてみたらオーダーメイドで2万5千円ぐらい。(レート悪いからねえ・・)日本で既製品を買ったってそれぐらいか、それ以上することだってあるし、せっかくだから足の形に合うの作ってもらったらいいかも、ってことで。

※実は行ったお店、ぷっく姫さんのブログを参考にさせていただきました。(ぷっくちゃん勝手にごめんね)リンクありますが、参考にさせていただいたのは留学中のブログのためお引越し前なんです。。なので、お店の情報はこちらから。

行ったタイミングがよかったのか、彼女たちがサイズをはかってもらっている間に同じようにオーダーの靴を作りに来たお客さんでいっぱいに!4組ぐらい待っていました。私たちだけで店員さんを確保してしまっていたので、少なくとも30分以上は待っていたんじゃないかな~。待っていた方には申し訳ないけどラッキーでした。
完成したものは彼女たちのお家に直接届けられるため、私は直接見ることできないけど、満足のいくものができたら嬉しいな。

オーダーする時には、自分の好きな形・色をある程度イメージしていくこと。もしこれと同じもの、というのがあれば切り抜きでももっていったほうが伝わります。
お店には日本の雑誌もおいてあるからその場で見て決めてもいいかもしれないけど、イメージしたものがないこともあるだろうし・・。

さてさて。
お昼ごはんの後は、新村に移動して、彼女たちのもう一つのリクエスト『チムジルバン』です♪
いつものようにゴロゴロしてて寝ちゃったんだけど、大口を開けて寝るという、それはそれは終電の疲れきったサラリーマンのようでした、私。。。恥ずかしい。

ご飯を食べてお茶して、集合時間に間に合うように送り出し、
二日間の任務は終了です。

ガイドブックでは味わえない韓国を味わってもらえたかな?
日本語ばっかり通じたらつまらないもんね。せっかく来たんだし。
日本と似てるようで似てない韓国を見てもらえてたら嬉しいな。

でも。
実は一番楽しんでたのは、私だったのかもしれない。
ソウルツアー番外編(誰かの優しさ)
2006年09月23日 (土) | 編集 |
さて。
ソウルタワーでの出来事。

仁寺洞ではどっかの大学の日本語学科の学生にインタビューされた。日本と韓国の映画についてのアンケート。(たぶん留学してなかったら「時間ないんで・・」とかいって断ってたかもしれないけど、こういうインタビューって色んな語学堂でもやってたりするから、無下に断れない。自分が同じ立場だったら、って思う。)
観光地で日本人が多いところを狙ってきたんだと思うんだけど、観光地に関わらず、結構こっちでは日本語を勉強してる韓国人に話しかけられることよくあることだったりするんです。

ソウルタワーでも同じように話しかけられた。
突然話しかけてきたから話して、そのままバイバイっていつもの感じで終わったんだけど、ソウルタワーから降りるときにまた会った。
ほんとはバスで降りようって思ったんだけど、なんだか遠回りになりそうだからケーブルカーで降りようとしていたら、わざわざバスから降りてきて、車で東大門まで送るからバスに乗れと言う。
なんでそんなに親切にしてくれるんですか?って聞いたら

「日本に行ったときに同じようにしてもらったから」って。

そっか。

どこかの日本人の親切が、
巡り巡って、
私のところにきてるんだ。

彼女もとってもいい子で、感謝してもしきれない。
トイレに行ってる間に見知らぬ女の子に話しかける彼氏。
どんな気持ちになるんだろう。絶対やだよね?
わざわざバスから降りて車で送るよなんていってる彼氏。
デート中なのに。絶対やだよね?

連絡先も聞けなかったから今は彼らに恩返しもできない。
帰り際に頭をさげて「本当にありがとう」って言うことしかできなかった。

だから。
せめて。
せめて彼の親切がムダにならないように。
私も親切をしていきたい。
出来なくてもせめて気持ちだけは。

いつか私の親切が誰かに巡るように。

よくばりソウルツアー!一日目
2006年09月23日 (土) | 編集 |
日本から会社の同期が遊びに来た。
彼女たちは全く韓国語がわからないし、詳しいわけでもないので
今回は完全ツアコンでございます。

さて。
ツアー一日目。こんなかんじです。

 ホテルへお迎え:朝食(おかゆ)
 新村:延世を案内
 市庁:NANTAを鑑賞
 鐘路:地元サラリーマン御用達チープでうまいお昼ごはん
     (ビビンパ・スンドゥブチゲ)
 仁寺洞:お散歩
 清渓川を見つつ明洞へ:ちょっとカフェで休憩
 Nソウルタワー:夜景鑑賞
 東大門市場:ショッピング&足マッサージ

彼女たちのホテルから駅まではタクシーかバスに乗らなくてはいけなかったため、迎えに行くことに。朝ごはんがまだだったため、近くのおかゆやさんで朝食。観光地ではないにもかかわらず、お店の方は日本語が上手でした。

NANTAまで時間があったため、新村で途中下車して大学を案内。

市庁に移動してNANTA鑑賞。
前日に電話で予約したんだけど、当日行ったら、値段はそのままでVIP席に替えてくれました。ラッキー♪
NANTAは途中お客さんが参加するところがあるんだけど、なんと二人とも選ばれて参加してました。これってすごいよね。二人ともって。

20060925001500.jpg

*徳寿宮の門の前でやってました。


公演後は鐘路に移動して、ちょっと遅めのお昼ご飯。
소문난경북집(ソムンナンキョンブッチ)へ。鐘路三街から歩いて5分ぐらいのところ。駅からも近いしおいしくって安かった~。でもちょっと辛いもの苦手な友達にはつらかったかも。。ごめんね。

仁寺洞では「マッコリ祭り」やってました。正式なイベント名はよくわかんなかったけど、とりあえず色んな種類のマッコリがタダで試飲できて、久しぶりに『長寿』飲めたからヨシとしよう。

20060925001722.jpg

*仁寺洞のスタバ。ここのスタバだけ、ハングル表記なんです。
雰囲気こわさないようにかな?


清渓川を見つつ、明洞へ移動して、ちょっと休憩。
南山にあるNソウルタワーへ。
2005年12月に改装工事が終了してリニューアルオープンしただけあって、すんごいキレイ。でも高さが自慢みたいだけど、あのエレベーターの揺れ方は怖い。もっといいエレベーター使ってください。

20060925001705.jpg

*ソウルタワーからの夜景。東大門市場方面。


で、そこで出会った韓国人に東大門市場まで送ってもらって(詳細は別記事で書きます)、ショッピング。
ちょこっと見て遅めの夕飯。近くの路地にあるサムギョプサル屋さんへ。

さ、明日もあるし帰ろうか、と駅まで向かったら。

電車が終わってる・・・

ああ、やっちゃった。終電こんなに早く終わるんだっけ。

どうせタクシーなら何時になっても一緒だ、ってことでミリオレのビルにある24時間のマッサージ屋さんで足マッサージしてもらう。1時間マッサージしてもらって足の疲れもすっきりとれたところで、家路に着きました。


BIGBANG2nd
2006年09月22日 (金) | 編集 |
BIGBANGの2ndシングルが早くも9月29日に発売されるらしい。

早すぎないですか・・?

まあね。
ライブであれだけ歌ってた曲とかが入ってなかったりしたから
なんかあるんだろうな~とは思ってたんだけど。

しかもさ。
またDVDつきでしょー?
前のもまだ見終わってないのにー。

とか言いつつ買うんですけど。
AKARAKA
2006年09月21日 (木) | 編集 |
延大は『AKARAKA』。高大(高麗(コリョ)大学)は『IPSELENTI』。

さて何でしょう?

これは応援団の名前。

今の時期(ちょうど今週末までかな)、ふたつの大学が野球やサッカーやラグビーやバスケなどの試合をやっているんです。で、応援団も応援合戦をしています。
延世大学は日本の慶応。高麗大学は日本の早稲田って言われているので、日本でいう『早慶戦』みたいなもんです。

今日は延世の中の野外講堂で応援合戦があるってことで行って来ました。
9月でめっきり秋らしくなっているものの、まだ昼間の日差しは暑い!その日差しに耐えつつ、もちろん延世側で応援してきました♪

D1010031.jpg


応援歌とか振り付けとかちゃんと決まってて、何言ってんのかはほとんどわかんなかったけど、見よう見まねで一緒に踊って騒いで、各応援団長が相手を煽ったりして、ものすごく楽しかった。何かのライブに来てるようなそんなノリ。
今度はちゃんと青い服着て応援合戦に参戦しようっと。

今週末まで続くそうで、新村駅から正門に続く道には、青い垂れ幕がいっぱい!
よーく読んでみると・・・

「動物と高大生はここから先立ち入り禁止」
「美しいもの、空、風、星、そして延世」
「高大よりも延世が最高」
(確かこんなだった気がする。正確じゃないけど)

まあ、なんて対抗意識むき出しの垂れ幕なんでしょう(笑)

これが安岩(高麗大学があるところ)に行くと、赤の垂れ幕になってるそうです。

でも新村のサムギョプサル屋とか飲み屋で仲良く飲んでる延大生と高大生を見ると、いいな~と思ったりも。若いな~と。
一緒に飲んだ韓国男子(27歳・延大3年生)曰く、
「軍隊に行ってない若い子たちが中心」
なんだって。

帰ってきました
2006年09月19日 (火) | 編集 |
韓国に帰ってきました~。

飛行機は4時すぎだったから家でお昼を食べてたら、火災警報器が!!
結局は誤作動だったんだけど、何も帰る日に鳴らなくても・・・

夏はスーツケース一個だけで来たけど、さすがにかさばる冬物はスーツケースに収まるはずもなく、日本から送りました。1ヶ月もかかる船便って手もあったけど、ここでケチってもしょうがないので、1週間で到着する航空便にしたら13キロちょっとで9450円・・・高い。スーツケースが重くなるからもうひとつ送りたかったけど、ここでまた同じぐらいお金をかけるぐらいなら、頑張ってスーツケースに詰めて、空港からタクシーで家まで帰ったほうがよっぽど安い。
空港であっさり客引きのおっさんにつかまってあげて、漢江の夜景を見ながら優雅に帰ってきました。ああ、快適。


ロングバケーション最終日
2006年09月18日 (月) | 編集 |
2週間のロングバケーションもあっという間。
明日、韓国に戻ります。

急な帰国予定にも関わらず予定を空けてくれた
友達、先輩、後輩、先生、家族には本当に感謝感謝です。

食べ足りないものはたっくさんあるけど、
それは今度のパンハクのお楽しみということで。

だいぶ更新をさぼってましたが、韓国に戻ったらまた毎日更新しますのでよろしくお願いします。

記録として残しておきたいこともあるので、パンハク中の出来事は
少しずつ時間をみて更新したいと思います。マニアの方はちょこちょこ日付見て更新確認してください(笑)

えーちなみに。
重い思いをして持ってきた勉強道具ですが、
開いたのは一度きり。たった1時間。
予想通りといえば、予想通りの結果だけどね。。。

唯一の救いは、向こうで買った本は読んでいたということだけ。

姉さん、事件です!
2006年09月12日 (火) | 編集 |
歯医者に行って一日が終わるはずだった。

雨で憂鬱、なんて思いながら。
歯医者を出ると少し雨が強まってて、ちょっとお茶した後、ブラブラ歩いてた。いつもの通りを。そして、いつものお店に入って、物色してた。

すると、ふと耳に入った韓国語。
まさかこんなところで聞くとは思わない言語を耳にしてふと顔をあげた。

そこにいたのは。

beckyong1.jpg


あ、わかりずらいね。(ただ好きな画像なだけ)

beckyong2.jpg

イエッス♪


ベッキョン!!!!!!!


たぶんね、1秒ぐらいの間に

似てる・・・
いや、まさかここにいるわけないじゃん
あれ?じゃあ隣にいるのって?
ってかやっぱちっちゃい。
いやいや、やっぱ違う人だって。
え!?え!?ベッキョン!?!?

ってのが頭の中を一気に駆け巡って何がなんだかわからなかった。

で、思わず出た言葉。


「私、韓国語勉強してるんです!」


アホか。私。
小学生以下じゃん。

そりゃベッキョンも笑うよ。

単純に韓国語に反応したと思ったようで。
「僕たち、公演で来てるんですよ。」って隣の彼が。
「え?公演?(←知ってるくせに)何の?」って思わず話合わせる私。
「YGファミリーなんですけどね(←知ってます)」
「ああ!私ライブ行きました!実は毎日聞いてるんです。」
「そうなの!?ありがとう!」
「ただ音楽が好きで聞いてて。顔分からなくってごめんなさい・・・(←超知ってるくせに)」

で、この会話をしていた彼。
どっかで見たことあるな~ぐらいだったんですけど
たわいもない会話をしている最中に気づく。

ってか・・・

この集団・・・

mugatang.jpg


ムガタンじゃん。(ウンジュちゃん(女)不在)


うがー!!!
私としたことが!!!私としたことが!!!!
マネージャーぐらいの気持ちでウグニ(写真後ろ真ん中)と会話してしまいました。すいません・・・

この後少したわいもない会話をして握手して別れました。
お買い物中にありがとう!ベッキョン、プライム、ウグニ!!


でもさー私も普通に買い物してるわけね。
でさー私がいつもチェックするお店もあるわけよ。
ゆっくり見たいじゃない?久しぶりに行くのにさ。

なのに、なのに。
どういうわけだか、行く店の先々で出会うんです。
私が先に入ってて彼らが後に来るとか、私が入ったら彼らがすでにいるとか。
ストーカーと思われてもおかしくないぐらいの遭遇率。

だから途中から避けました(泣)
彼らの後ろ姿を見て逆方向に行ったりとか。なんで私が気をつかわにゃならんのじゃ!!と、買い物していることを考えると軽く迷惑。ゆっくり見れやしない。でもまあ、しょうがないっす。韓国ではゆっくり買い物もできないし、日本じゃたぶん気づかれないで買い物できるもんね。公演前とか直後じゃ、ファンがうろついてる可能性あるけど、2~3日たってれば、まあまず騒がれないで買い物できるもんね。
事実、誰からも声かけられることなく買い物してました。

じゃあ、帰るか。
と、方向転換して元来た道を戻ろうと振り返った時。


BIGBANG.jpg


BIGBANGいたんですけど!!!!

ムガタン遭遇でアンテナ張ってる上に、韓国語には超敏感。
おかげさまで、Gドラちゃん一発で発見!

もう、私、どこに来ちゃったんですか??

5人勢ぞろいで歩いてるから、びびって声はかけられなかったけど
ちゃんと拝ませてもらいました。

いや、ほんとに奇想天外な一日でした。
こんなところで運を使ってる場合じゃないんだけどなあ。。


YGコンin東京
2006年09月10日 (日) | 編集 |
『YGFamily10周年ツアー』の東京公演に行ってきました~。
(ソウル公演の記事はこちら

会場は東京国際フォーラム。
ライブ会場としてはどうなんだろう、と思ってたけどまあこんなもんかなあ。イスは固定されてるから花道とかもないだろうし・・・
もっとSE7EN以外も認知されれば大きなところでやっても大丈夫なんだろうね。代々木でもよかったんじゃないかと思われますが。。。


ソウルの時に出ていたメンバーのうち、ムガタンと45RPMは出てなかったけど、東京は東京の盛り上がりがあった。もちろんソウルに比べたらYG全体の認知度は確実に低いし、SE7ENが好きで来るって人が大半だと思うから、それを考えると、妥当なセットリストだったと思う。YGの良さも知らない人に対しても伝わっただろうし。

MCは当然韓国語でやるわけにいかないから、みんな頑張って日本語で挨拶したりしてたけど、やっぱりSE7ENとベッキョンは日本語上手だった。ネタもやってたねえ(笑)

最初は軽く1曲ずつ歌って、その後にまた一組ずつ歌うってパターン。
大体、2~3曲ぐらいかな。
SE7ENは日本で出した曲ももちろん歌ってました。


~出演者は以下の通り~

STONY SKUNK
JINUSEAN
1TYM
GUMMY
BIG MAMA
LEXY
SE7EN
BIG BANG

足りてる・・よね?


ベッキョンはおいしいとこ取りなMCでますます私を虜にし、
STONYはやっぱり日本でデビューするべきだと思ったし、
盛上げ方うまいよな~。

連れて行ったYGを全く知らない友達は、見事にSE7ENにはまりました。
洗脳完了!!

ライブから帰ってきました。
2006年09月10日 (日) | 編集 |
お久しぶりです。更新サボっててごめんなさい。
韓国のみなさま、お元気ですか?東京はクソ暑いです。
日本で無事に暮らしてます。
でもちょっと不便なこともありますが、それは明日以降更新していきます。

ライブの大興奮と、帰ってきたら高速ネットが開通してる興奮で
嬉しさのあまりこの時間だというのにパソコンの前です。


さて。

明日はSE7ENが『笑っていいとも!』に出演しますよ~。
また前みたいにちょこっとだけ出演なのかもしれないけど
それでも拝めるだけヨシとしましょう。

この時間。
本当は麻布にいたかった・・・
ああ、愛しのベッキョン。近くで会いたかったぜーーーーー!!!!

ではまた明日。
夏学期終了
2006年09月05日 (火) | 編集 |
今日で語学堂の夏学期は終了です。
成績はまあそれなりに、です。

無事次の級への進級が決まりました~♪よかった。
まあ、日本人なら平気だよ、とは言われてたものの、実際に落ちてる人もいるので油断は禁物かなーと思ってた。でも「普通に」やってれば落ちることはないんじゃないかなあ。

さてさて。

突然ですが、明日、日本へ行きます♪
ちょこちょこ予定は変更してたけど、19日までのロ~ングバケーションです。ああ、もう久しぶりに日本のご飯が食べれるっ。考えただけでウキウキです。とりあえずは牛が食べたい。韓国は牛高いんだもん。

一応学生なので、教科書はちゃんと持参ね。もちろん・・・
おかげさまでスーツケースが重い。


夜のお楽しみ
2006年09月04日 (月) | 編集 |
夕飯を食べて思い立った。

映画見に行こう。

でも上映時間なかったらイヤだな、と思ってネットで調べてたらなんと22時40分スタート。終了時間24時40分。
日付変わってるじゃん・・・

さすがに明日も授業あるし、これはいかん。
カクソルタンにしようかと思ったけど、イマイチこの時間にわざわざ出て行くほどでもなさそう。さらにネットで調べてると、面白そうなの発見!!

천하장사마돈나(天下壮士マドンナ)
20060905030442.jpg


話の内容としては、女の子になりたい男の子が整形の費用を稼ぐためにシルム(韓国相撲)をやるっていう、全く題名からは想像ができない内容です。
※9月5日追記:よく調べてみたら천하장사ってシルムの最高位なんだって。これがわかってればどんなことか想像できたのに。勉強不足ですいません。

完全コメディ。

前日の睡眠不足がたたって途中寝たけど、笑える映画で面白かったー。
でね、これにチョナンカンが出てんの。
えっと・・発音ヘタだよねえ???
でもね。韓国人、バカウケだったよ。みんな知ってるんだね。
こないだ会った嵐ファンの女の子もチョナンカンも好きって言ってた。

相変わらず一人で見に行く私。
やっぱり2枚か?と聞かれる。
夜だったから1000ウォン安かったし、さらに学割だから、許す。

同年代
2006年09月03日 (日) | 編集 |
「明日6時に家に来てね」

またもやカプチャギのメール。
韓国人と会うのは本当に練習になるので、ウェルカム状態だけど、さすがに十何人もに囲まれるといたたまれない気持ちになるので、今回ばかりは確認させていただいた。

「誰が来るの?」

「大学の友達が何人か来て一緒にご飯食べるの」

彼女の新居にはそんなに人数は入れない。
というか家はでかいけど、ご飯を食べる食卓が5~6人で定員オーバーなのだ。おお、ならばいいじゃない。

エクスチェンジのおっさんオッパを放り出し、いそいそと出かけること1時間。相変わらずのでかい家に到着。

テーブルの上には6人分。ジェームス(旦那)の手料理に惚れ惚れしつつ待っていると、玄関のチャイムが。
明らかに大人数の声。
次の瞬間、入ってくるわ入ってくるわ、15人

借りてきた猫状態になった私はとりあえずジュヨンに助けてとすがるもののジュヨンも忙しくて私に構ってるヒマなどない。とりあえずビールを飲み、お酒の力をお借りすることに。(結局飲んだだけ)

彼らはジュヨンの大学時代のお友達。
なので女の子は同じ歳くらい。
男の子は27~30歳。まあ、同じぐらいっちゃ、同じぐらい。
ご飯をひとしきり食べた後はゲームが始まりました。

初めて見たんだけど『ユンノリ(윶놀이)』(←クリックすると説明のページにとびます)っていう韓国の伝統の遊びなんだって。すごろくみたいなかんじかな~。
4つの棒があって、平らな面と丸い面があるのね。でそれをなげて、平らな面と丸い面の組み合わせで進むことができる。

ものっすごいうまかったです、私
終いにゃ、エースとまで褒め称えられ、大活躍。ルールさえイマイチつかめてないのに。人数が多いからチームを作ってやったんだけど、チーム替えたくない!とまで言わしめた私。

意外な才能発見です。
でも絶対ラッキーなだけだったんだと思うんだけどなー。
ゲーム買って帰ろう・・(←超やる気)

ゲームが終わって片付けてると、一人の女の子が
「オンニ~、私、嵐が大好きなんです~」
って。
んもう、かわいいなあ。
日本に一時帰国したらお土産買ってきてあげるからね。嵐グッズ。

やっぱり同じ歳だと感じ方も同じようで、なかなか楽しかった。
でも人数は少なめでお願いしたい。

なぜそんなに拒否るのかって?

名前が覚えられないから。

ヘビロテの一枚
2006年09月02日 (土) | 編集 |
20060903125428.jpg


8月29日に発売されたBIGBANGのデビューシングル。

たまらんです。
相当ツボです、私。
イヤってほど聞きまくってます。

でね。

これにDVDがついてるんですわ。
普通さCDに付いてくるDVDって、そのMVだったりMakingだったりするでしょ?まあ、よくて30~40分?

これ、2時間以上あるんですけど。
ってかこっちがメインなんじゃないのか?って思うんですけど。

あとね。

CDのケースの中に写真のネガみたいなやつが入ってるんだけど、それがGドラちゃんでした♪

20060903125543.jpg


他の人もあるのかは甚だ疑問。ま、なかったとしてもこれで大満足なのでよしとしましょう。

とにもかくにも、超オススメなのです。

K-POPなんか聞くか!洋楽だ!!と思っている方、
KーPOP?アイドルなんかおっかけてられっか!!と思っている方、
ちっ!結局は韓流だろ?と思っている方、

一度は聞いて御覧なさい。
最低でも「へ~こんなのもあるんだ~」ぐらいは思えるから。

ここクリックしてもらうと視聴できます。(期間限定)
(一番聴いてほしい曲は別なんだけど・・)


万国共通なもの
2006年09月01日 (金) | 編集 |
それは世界平和を願う心だったり。
大切な人を思う気持ちだったり。
ステキな音楽を聴いて心が安らぐ瞬間だったり。
もう会えない人を想う気持ちだったり。

しかーし。
もっと万国共通なものを見つけました。

それは。

下ネタ。

あ、すいません。
せっかく感動しそうな内容ではじめたのに。

朝5時まで飲んでて大体1時過ぎぐらいからそんな話になってアメリカ人も韓国人も日本人も大爆笑。
そんなときは必ず下ネタ。

いやーウケた。

申し訳ないぐらいここでは書けないこと満載で。
飲んでる席なので許してください。
たまには勉強以外の勉強も必要かと思われます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。