1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年を振り返る
2007年12月31日 (月) | 編集 |
2007年もあと残すところ3時間ぐらいです。
みなさんはどんな年末を過ごされていますか?
すんごい楽しい!というわけではなくても、穏やかに、悲しむことなく過ごしていることを願ってます。ちなみに私は昨日の忘年会がはしごだった上にオールだったので、飲みすぎとカラオケでBBを張り切って歌いすぎて声が出ない今日はおとなしくテレビを見て過ごしてます。
(BIGBANGの日本デビュー曲は12/29に発売されました。レビューは年明けに・・・)

さて。
2007年を振り返ろうかと思いまーす。

まず、2007年は私にとって大きな一年であったことは間違いありません。
一年のうち9ヶ月間日本を離れ韓国で生活をしていたのですから。
それも含めて5大ニュース。

【韓国語がしゃべれるようになった!&半韓国人化】
それは去年もじゃねーのかよ!という声が聞こえてきそうですが、日常会話に本当の意味で困らなくなったのは今年になってからです。コミュニケーションというのは「こんにちは」「さようなら」「ありがとう」「ごめんなさい」「はい」「いいえ」さえ知っていれば、どの国であってもどんな人種の人とでもとることができると実感してます。<会話>レベルはそれにちょっと毛の生えたぐらいを知っていることが必要。私の意志を伝えるわけです。「~したい」「~はイヤだ」「~だと思う」。でも、<意見を交わす>というレベルになるにはコミュニケーション程度ではダメなのです。
今も、十分に韓国人と討論できるレベルではありませんが、少なくともお互いの文化についてだったり、軍隊についてだったり、戦争について、歴史について、意見を交換して、時には韓国人と言い争いできるようになれました。大きな成長です。

そして、嬉しいかな、悲しいかな、半韓国人化。
韓国で出張に来ていた日本人の先輩に会ったときに「日本人オーラが消えてる」

日本で韓国人の友達と買い物してたら「日本語上手ですね」

韓国語でしゃべっていたら「話の展開が日本人らしくない」、「(良い意味で)日本人らしい遠慮がない」、「なんで方言をしゃべるんだ(←失礼)」

日本語がしゃべれる韓国人に「ヌナと一緒にいると日本語が出てこない」

社会人復帰するのに本格的にやばいと思って帰国してから今までちゃんとリハビリして日本語が先に出てくるようになりました。でもまだ韓国語で電話してた後に先輩と喋ると単語に韓国語が混ざってたりしてて「は?」って言われたりしてます・・・


【相変わらずの結婚ラッシュ】
一時帰国中も含めて、笑えるぐらい結婚式に出席してます。
ご祝儀貧乏も間近です。
赤ちゃんを産んだ友達もいました。ちっちゃい体で産んじゃって。まじ、尊敬です。
もしや来年は出産ラッシュなんじゃないかとドキドキしてます。

【再就職デキマシタ】
おかげ様であまり路頭に迷うことなく就職することができました。
それだけではなくて、韓国語をそれなりに使う仕事で、さらには一日にくるメールのほとんどは英語なので、英語も勉強させてもらうことができる仕事です。来年も韓国にワッタカッタできそうですし、韓国メインでやる仕事も中心的にやらせてもらえる予定です。やりがいのある仕事です。でも目立つことは好きでもあんまり人前に出ることが好きではないので、試練ちゃあ、試練ですね。ヘタにメディアに出たりはしないようにしたいです。

【音楽に包まれた】
国境を越えた音楽というのはスバラシイです。
言葉で伝えられなくても、音楽は人のココロに響き、動かします。
韓国にはステキな音楽がたーっっくさんあります。それを私は少しずつでもここで紹介していけたらいいな、って思います。自分のココロの琴線に触れた歌を楽しんでください。
あ、もちろん日本の音楽大好きですよ。ミスチルは永遠ですから!追いかけて全国行きます。

【人との出会い】
今年もものすごーーーーくたくさんの人と出会うことができました。
一人でボーっとしていても出会うことが出来なかった人がほとんどで、誰かの紹介だったり、友達の友達だったり、同じクラスになった子だったり、ブログを通じて知り合った方々にも実際にお会いできたり(しかも全員韓国で会ってる・・)、世界中の友達もできました。友達の彼や彼女や旦那様や奥様を紹介してもらって幸せを願ったり、この世に命を授かった子にこんにちはをしたり。何年も会ってなかった友達に再会できたり。出会いと別れとはよく言ったものですが、別れはつらいけど「また会えるかな」という余韻をもった別れは希望があるので、悲観的にはならないようにしてます。


皆さんはどんな一年でしたか?
スポンサーサイト
タッカンマリが好きです
2007年12月29日 (土) | 編集 |
「韓国料理の中で何が好きですか?」
という質問は、初めて食事の席を共にする韓国人には必ず聞かれる質問だと思う。
当たり障りのない質問なんだろうね、きっと。

で、そんな時に答える答えはこれ。

でした。

あれ?過去形。

でも嫌いになったわけじゃない。
(↑なんか恋愛小説に出てくるフレーズみたいだw)

この食べ物を韓国人が知っている確率が相当低いのです。
ってかむしろ、この食べ物の名前を言って、知っていた人をみたことがない(泣)
だから必ず聞き返される。そりゃそうだ。タッカンマリの存在を知らない韓国人にしてみれば、日本人に「韓国料理何が好き?」って聞いて、突然「鳥一匹が好き」と返ってくれば聞き返したくもなる。

韓国が好きで留学や旅行をしたことがある人ならたいていの日本人は知っているだろう料理名なのに韓国人には知名度が低い。

超うまいのにっっ。
激うまなのにっっ。

どんな料理かというと、닭한마리なので、直訳すると『鳥(닭)一匹(한마리)』。
160_f_high_big2.jpg

(ソウルナビの記事⇒こちら
まあ。なんてストレート。
字のごとく鳥一匹もれなく入ってマス。はい。
その鳥の出汁がふんだんに出ていて、しかもにんにくもたーぷり。タレは基本的な秘伝の(?)醤油ダレにからし・酢・唐辛子のジャンをお好みで適量まぜちゃう。そして最後にうどんかご飯を投入してしめる。濃い味が好きな人は最後の方でたっぷり堪能できちゃいますし、薄めな味が好きな方は前半に全力を注いでください。
向こうに住んでたときは、結構なペースで通ってました。ハンマリ(一匹)が14000ウォンで2~3人前なので、無理な値段じゃない。梨大に超うまいタッカンマリ屋があって、友達とかと通ってました。東大門にタッカンマリ通りみたいなとこがあるけど、梨大が一番うまいです。


何が悲しいって、日本ではタッカンマリ専門のお店がないってこと。
でも何とか発見してタッカンマリ食べてきました。
それは次回~。

第17代大統領選
2007年12月22日 (土) | 編集 |
去る19日韓国の次期大統領を決める選挙が行われました。

当選した李明博(イ・ミョンバク)氏についてはあんまり詳しくわからないですし、
専門家でもないので、特に触れようとは思わないです。

知ってることといえば・・・
○前ソウル市長である
○清渓川を作った
○日本生まれである(日本名は月山明博)
ぐらい。

あとは、、、ハンナラ党ってぐらい??

で、そんな何も知識のない中で新聞を見ていたら
今回の選挙の得票率が各地域ごとに載っていました。

そしてびっくり。

慶尚道の得票率と、全羅道の得票率が全く反対。
ちなみに位置はこんな場所です。
韓国地図

投票率は過去最低でも「圧勝」って報道されてたから、各地域ともたいして差はないと思ってたんです。ま、この二つの地域(正確には南北に分かれるので4つ)は確かに分かれるとは思ってたけど、「圧勝」っていうからにはそれなりに得票率があるんだと。

慶尚道では、字のごとく「圧勝」。80%以上の得票率。
一方、全羅道では「圧勝」どころか「完敗」。10%以下の得票率。

どうしてこういう結果になるかというのは
こちらをご参考になってください。⇒ウィキペディア
具体的なことはもちろん書いてないですが、なんとなくそれをにおわせることは読み取れるかもしれません。

ゆで卵談合
2007年12月18日 (火) | 編集 |
今日の朝日新聞の国際面を見て目が留まった。

『韓国「ゆで卵談合」に反旗』

新聞に【韓国】という文字があるだけで必ず見るし
テレビで【韓国】という言葉を聞けば必ず画面に目をやる。
きっとどこの国であれ、ある程度の期間滞在したことのある国の情報やニュースっていうのは気になるものだと思うんですが、今回は「韓国」ではなく「ゆで卵談合」でやられました。

どうやったらゆで卵で談合ができます?

気になるでしょ?

正解はこれです。

---------------------
韓国南部の光州北部警察署は、他の屋台店主の営業を妨害したとして男性(49)を書類送検した。調べによると、男性は最近、周囲の屋台店主7人とトッポッキを売る際、ゆで卵を入れないように申し合わせた。男性は「卵の価格がすごく上がり、毎日多くの殻をむくのも面倒だった」と供述している。
一方、そこに「客足が落ちるので私は卵を入れて営業する」という店主が現れた。男性はこの店主のもとに押しかけ、物を投げつけるなど乱暴。警察関係者は「営業が厳しかった店主が業者間の『談合』に反旗を翻したようだ」とみている。
---------------------


ね?笑えるでしょ?

本人たちにとっては至極重大な問題だとは思うんですが、そもそも卵が入ってるうんぬんではなくて、トッポッキの味自体で商売してもらいたいものです。

大統領選を明日に控えた韓国。
新しい大統領は、民間レベルでこういう問題が深刻化しているということにもぜひ目を向けてもらいたいものです。ちなみに明日は公休日になるらしいですよ。
実感わかない・・・
2007年12月17日 (月) | 編集 |
『時代はBIGBANGだ』と言ってきました。

その後韓国でデビューし、名前の通り良くも悪くも爆発的に人気が出て、いまやBIGBANGは韓国でライブをやればチケットが取れないグループになりやがりました。おかげでワンコンですらチケットとりづらくなってますし。

で、そんな彼らが日本デビューします。
なんだか遠いところへ行ってしまったような気もしますが
人気が出てほしいような、ほしくないような。。切ない気持ち。
原宿でふとばったり出会ったときのように周りの誰も気づいてなくて(ってか彼らのことをしらなくて)私だけ興奮したことが、ありえないことになるぐらい人気が出て欲しいような、そんなことには絶対なって欲しくないような。

デビューは2008年1月4日。
お正月休みなので、おそらく早ければ年内にはお店に入ってるかも。

早いもので、雑誌にはBBの記事が出てました。
でもさすがインディーズデビューをさせるだけあって、載る雑誌もマニア向け。

こちらです。
「bmr」
bmr353.jpg


■12月10日

Bmr

■12月末

REMIX、Juice、Bounce (タワーレコード)、HMV Music Master、Weekly ぴあ 

■1月20日

Adlib

ってなかんじです。


なんか日本の雑誌に紹介されてるなんて変なかんじ。
こしょばい。(←通じますか?)

どんな形であれ、ちゃんと活動して欲しいです。
中途半端にしたんじゃ、売れるものも売れないし、知名度が上がるものも上がらないですよね。社長はアメリカ進出をすでに構想に入れてるみたいですが、日本でしっかり地盤を築いてから進出して欲しいものです。
中途半端だけはもういやです。

120万円が今なら半額!
2007年12月13日 (木) | 編集 |
韓国人の女の子と話していたら突然小声で

「豊胸手術しようと思ってるんだけど60万円って高い?」

って。

唐突すぎだろ。

小声だからてっきり同席の旦那さま(韓国人、私より年下)は知らないかと思って
あわせて小声で話してあげたのに、

「オッパ、あの形成外科の名前なんだっけ?」

って。

知ってんのかい。

ならば普通のトーンで話せっての。他の人どうせ韓国語わかんないんだから。

一緒にカウンセリング受けにいったそうで。

たしかにーちょっとちっちゃいかなーとは思うけど
そこまで困るほど小さいかんじもしないんだけどなあ。

終バス逃して、片道徒歩50分の道のりを歩いて帰るぐらいなら
手術我慢してタクシーに乗ったほうがよっぽどいいと思うんだけどなあ。

ま、価値観は人それぞれですものね。

よく「韓国って簡単に整形しちゃうっていうけど、ほんと?」って聞かれることが多いんですが、確かに日本に比べれば一般的ではあるかもしれません。そういえば、よく語学堂で4級あたりの座談会のテーマになってました。(ちなみに6級では整形と国際結婚は使えません。主観が強すぎて討論にならないから。)
あんまり抵抗はないみたいで、そもそも整形に対する考え方が違うような気がします。日本でも例えばアナウンサー試験を受けるような人たちは写真が大事な要素のひとつになってきたりするように、韓国でも就職活動で履歴書に貼る写真には人一倍気を使うようです。男も女も。そんな顔ひとつで落とされるぐらいならきれいになればいいじゃん、って思うんでしょうね、きっと。日本では、というか、私は考えられないんですが、彼氏が彼女に整形を勧めるってこともあるみたい。もちろん費用は彼持ち。「彼女がきれいな方がいい」って。
日本では『整形』ってちょっと後ろめたい的なイメージがあるけど、韓国ではむしろもっと前向きなイメージで、自分を変える一つの手段と考える人が多いと思います。

だから韓国にいた時、二重にしたり、鼻いじったり、あごのラインいじった子は山ほど見たし、知り合いの中でもしてる子は結構いた。

けど豊胸は初めて。
どれくらいの大きさにしますかー?とかってなるのかな。
でも韓国って下着もAとBしかなかった気がするよ。それぐらいアバウトで、CもDもわかるのかな。感覚的に。なにも韓国よりも費用がかかる日本で受けなくてもいいのに。

他人事だからか、超楽しみ。
手術の予定日は1月中旬だそうで。また報告しますね。

再会in新大久保
2007年12月09日 (日) | 編集 |
久しぶりに韓国で知り合ったオンニ(日本人)と会いました。
なんだかこのオンニとは共通点が多くて、やたら気持ち悪いぐらい同じなんです。

出会いは私が韓国で最初に住んだ下宿でした。
そこは休憩場所みたいなところがあって、よくそこでみんなでお茶を持ち寄っては夜中まで話し込んだり、テスト前には上の級の人にマラギ試験のシュミレーションをしてもらったりしたものです。

途中で引っ越したときも実はそのオンニと一緒に引っ越しました。
事情があって、1ヶ月だけしか一緒ではなかったけど、夜ずっとお互いの部屋にこもって、たわいもない話を延々としたり。
話せば話すほど共通点が多い人で、「私たちが出会うのは運命だった」と本気で思ってるぐらいです。しかも韓国にいた時に偶然が重なるのは同じ日本人だったらなんだか納得のいく話だったりするんですが、日本に帰国した後も、つながってることが多くて、久しぶりに連絡しようものなら、びっくりの連続なんです。

さて、今日もお互いあった瞬間からテンションあがりまくり。
二人でしゃべってると「間」というものがないみたいです。(本人たちにはよくわかりません)エンドレスにしゃべってるみたいです。ネタも尽きない。

ちゃんと真面目な話も聞いてくれるし、どうしてそう思っているのかお互いがちゃんと説明できない話は、お互いに納得がいかない、頑固一徹な性格なので、たぶん他の人と話しているよりも2倍以上の長さになってるはず。
ごまかさないし、ちゃんと怒ってくれるし、説得力もある。
お姉ちゃんというよりは、双子みたいです。

何が嬉しいって、オンニもそう思ってくれているところ。
趣味も、辿ってきた人生も違うけど、節々が同じ。

そんな私たち、待ち合わせをして会った時、常に感動的です。
そこまで感動しなくてもいいんじゃないの?ってぐらい
やたら再会を喜び、分かち合います。

何年も会わなかったとか、
地球の果てから帰って来たとか、
そんなレベル。

今日も新大久保の駅で出会ったとき
周りにいる韓国人が引くのがわかるぐらい
「オレンマニヤ~!!!」と
なぜか韓国語で再会しました。

ちょっとうざいかも、うちら(笑)

レコーディング
2007年12月06日 (木) | 編集 |
メール8割が英語という、英語好きにはたまらない環境で働いている私ですが、一向に英語ができるようになる気がしません。

ずいぶん更新をさぼっててごめんなさい。
忙しさにかまけてました。

さて、英語8割の他に実は韓国語を使う仕事ってのもあるんです。
だから働いてるんですけど。
で、その韓国語を使う仕事っていうのは、今はたいしたものをやってるわけではなくって、ほとんどを英語でやりとりしてるんですが(私は韓国語を使ったほうが100倍ラクだけど、他の人にやり取りがわからないからしょうがなく・・・)たまに必要なデータや法律が韓国語しかなくってその翻訳を依頼されたりとか、サイトを検索&翻訳したりとか、ごく簡単なことをやってます。
そんな中、現在進めている仕事の中で、とある音声をチェックしていると、韓国語に翻訳したものを一度レコーディングして時間を計りたい、と言われました。


・・・えーっと。


たしかに日常会話ぐらいは出来ますけど。
そもそも原稿もネイティブチェックしてもらってないものを、しかもレコーディングするって。

しかもしかも作詞作曲(原稿作成)、レコーディング全て一人で。
完全セルフプロデュースです(笑)

さて、どうなることやら。
明日をお楽しみに。

-------------------------
昨日メールをいただいた方へ(一応名前伏せておきました)
実はメールがブロックされているのか、私の設定が悪いのか、お返事を書いたんですが、送ることができませんでした。いただいたメールは読めたんですが。。どうしましょう。とりあえず明日もう一度チャレンジしてみますね^^ちょっとお待ちください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。