1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌い嫌いも?やっぱり嫌い。
2008年09月29日 (月) | 編集 |
ここ最近のスーパーな忙しさの元凶となっていた出張へ。
3連休を楽しんだ代償に次の休みはすべてお仕事に使いました。

おかげさまで、せっかく申し込んだ韓国語能力試験も受けられず。
えーん、6000円返して~。

さて皆様、釜山と言えば、釜山港なんちゃらという歌のタイトルがあるように、海の幸がおいしいことが容易に想像していただけるかと思います。釜山の代理店の方々も、お客様には新鮮な海の幸を!と張り切ってくれて、二日連続海の幸をいただきました。

が。

私、そこまで海の幸が食べれません。

魚は好きなのですが、貝とかは自ら進んで食べませんし、注文は間違いなくしません。
生なんてもってのほかです。
さらに海以外でも内臓系がダメなので、ウニとか塩辛系がアウトです。
比較的値段が高いもので、お客様が喜んでくれるだろう的なものが全般的に食べれません。

予想通り、高いお店へ連れて行ってくれたものだから、先付けとかきっちり出てきちゃって。
気づけば結構食べれないものが並ぶのが悲しいところ。

「これ、おいしいのに」「とりあえず食べてみなよ、絶対おいしいから!」と
ごり押しされた末に、八方美人な私はニコニコ笑顔で飲み込み「おいしい♪」と。

心で泣いて、顔で笑って。

むしろ心で吐いて、顔で泣き笑い。


結果。

当たりました。


次の日は大事な大事なプレゼンの日。
夜中から激しい吐き気と、それに伴う頭痛のため寝れず。
そんな状態で釜山からソウルへ飛行機移動。

上から下から、たいへ~ん。

そのままプレゼン。
はい、ぐだぐだ。

す、すいません・・・

今でもその原因であった、「このわた」のニオイと、「なまこ」の食感を思い出すだけで吐き気がします。
もう二度と食べるもんか。


スポンサーサイト
持つべきものは
2008年09月27日 (土) | 編集 |
またしてもご無沙汰してしまいました。
9月は更新頑張ろうと思ってたのに。
きっと見てくださってる方も「更新頻度があがったな」と思ってくださっていただろうに。

失敗><

いやーあの更新も実は予約投稿という機能を駆使していたのです。
(きっとぷっくちゃんはわかるでしょう)

毎日の帰宅時間が11時を回るようになって(飲みではなく)PCすら開くことがありませんでした。
さらに、まさかこんなに忙しくなるだろうと予想もしなかったころに日程を立てて後戻りできず
現実逃避か!?精神的にやられたか!?と言われながら有休をとって南の島へ行ってました。

この南の島旅行は、いつも一緒に旅行に行く親友Sとでした。

唯一違ったことは、旅行のほぼ全てが彼女企画だったこと。
地図が読めない彼女が、私より忙しい彼女が、しきってくれました。
ありがとう。

旅のテーマは癒し。

エステに、シュノーケルに、民謡に、おいしい食べ物に。
現地に移住した友人とのバカ騒ぎ。

最高の夢のような4日間。
体の毒素が、ぶわぁ~っと出た感じでリセットできました。

旅の質は徐々に大人になってるけど、居酒屋で泡盛を飲みながらしてる会話の質は全くの子供。
どこでもドアってありえるのか!?とかタイムマシーンの時空ってどうなってんだ!?とか
基本的に子供のころの夢は持ちつつ、中途半端に知識をつけてしまった大人の悲しい会話です。

とりあえず、私は神龍に「何に対しても幸せに思える気持ち」を願っておこうと思います。
マヌルチキン
2008年09月10日 (水) | 編集 |
どうしても私が今行きたい韓国のマッチプ(おいしいお店)があります。

それは弘大のマヌルチキン(ニンニク味のチキン)のお店でございます。

友達から「この店がやたらうまくて、ビールとなんて最高だ!」とかさ
「飲んでから行っても全然入っちゃうんだよね」とかさ。
さんざん誘惑する言葉でこの店をアピールするもんだから妄想だけが膨らんで
もう恋焦がれること約1年。

ソウルナビに記事が載ってることも最近発見。(こちら

ますます行きたくなるじゃんかーーー!!!

いつになったら遊びにいけるのかわからないけど、
次に行ったら絶対ココに行くんだ!
タッカンマリ食べた後でも、ポンガで死ぬほど食べた後でも、モクサル食った後でも絶対行くんだ!!

と、心に誓っております。
やさしさループ
2008年09月08日 (月) | 編集 |
私がむこうにいた1年3ヶ月本当に本当に色んな人に助けられて生きていました。

「頑張ったんだねー」って言われることがあるんですが
いい人たちがいたから頑張れました。

大体、見ず知らずの、日本からきたピチピチでもない女に
手を差し伸べてくれること自体奇跡だと思うわけですよ。

私、たぶん良い人ですよ。
でも外国からきた人を心の底からいきなり信じることってできます?

普通できない。

でも毎日連絡くれたり、気にかけてくれたり。
一緒にご飯連れてってくれたり。

なんかすごいよね、その器のでかさ。

以前、私がソウルタワーで出会ったカップルがいたんですが、
初対面の外国人をわざわざ東大門まで送ってくれたんです。

それは「昔日本に旅行に行った時に、日本人に優しくしてもらったから」という理由だけ。

ただそれだけ。

同じ日本人が見ず知らずの韓国人を助けたことで、その人が私を助けてくれた。

だから私は日本に帰ったら日本に留学している韓国人の子や、道で困ってる外人さんに優しくしてあげようって思ってます。実際に自分がやるのは勇気がいることだけど、この優しさは回さないといけないので。

優しさをバトンした相手が同じように思ってくれることだけを信じればできそうな気がします。



勉強方法②<お天気お姉さん>
2008年09月06日 (土) | 編集 |
さて次。

ニュースのスピードに慣れてみましょう。

②お天気お姉さんと仲良しになれ(★★)

聞き取りで一番手っ取り早いものがテレビを見ること。ドラマもそれなりに楽しいけど、俗語が出てきたりすると辞書に載ってなかったりするので、できればニュースの方がいいかもですよね。でも聞いたことある人はわかると思うけど、ドラマに比べたらニュースは話すスピードが泣けるほど早いです。
正直言って、聞き取りの練習には最初のうちは不向きです。 しかも毎日内容は違うから覚えられる単語といえば大統領か牛肉か物価ぐらいです。
同じものと言えば株式ニュース?
難しすぎだし初級中級ぐらいで「株価がさぁ」とか言い始めたら確実に韓国人はヒキます。

では毎日同じフレーズのものは?

そう!天気予報です。
さすがに毎日同じ天気ではないけれど、「今日の天気は~」に始まり、朝昼晩の天気をいい、明日まで。あわよくば週間天気。そして各地の天気です。 もれなく独島の天気まで聞けて、さらに波情報もあったり。 最後は「天気でしたっ」とスパッと終わる潔さ。

天気予報を毎日聞いてると韓国語にいかに形容詞が多いかを体感していただけるかと思います。
ただね、やっぱり早いし形容詞多いから最初普通に聞くとキョンナムチバンだの地域しか聞き取れなかったりするんですよ。 そこで無理したってわかんないもんはわかりません。

ここで役立つのがスクリプト。
NAVERという素晴らしいサイトがあります。わからないものがある時はNAVERに聞け、と答えが返ってくるぐらい情報満載の便利サイトです。
そこに各放送局のニュースの動画が5日分ぐらいアップされてます。

NAVERに入り、「ニュース」をクリック↓
NAVERtop.jpg


次に「天気」をクリック↓
NAVERwether.jpg

天気図が出てくるので右側の動画らしきものをクリック↓
NAVERwether2.jpg

各放送局のニュースの動画が一覧で出てきます。「動画」というところをクリックします↓
NAVERwether3.jpg

すると、動画が始まり右側にスクリプトが出てきます。
NAVERwether4.jpg

最初は見ながら、わからない単語は調べて、また聞く。口に出す。
スクリプト見ながら同じスピード同じトーンで話してみる。

これで逃すことなく聞き取れましたね(・∀・)
私、最初は一時間ぐらいかかりました。
でも毎日聞いてると同じ季節は同じ単語が続くし、実際に自分が体感している気候を説明しているので日本語に直せない単語も想像できますよね。涼しいっていう表現にも春と秋では表現が違ったり、立春とか啓蟄とか日本と同じのがあったりして面白いです。 だんだん涼しくなってきたり台風がきたり、雪が降ったり。山間部ではどうだとか。たった、1分足らずの動画の中でも盛りだくさんに楽しめますよ。

だんだん好みのお姉ちゃんが出てきます。
喋り方とか?
ちなみに私はMBCの朝のニュースの姉さんが大好きです。
(単にいつもMBCばっか見てたから見慣れてるだけ)

さあ、ファイティン!

※難しいなと思ったら無理せず週一回とか2週間に1度とかにしてみてくださいね。


勉強方法①<身近なもの言えるかな>
2008年09月04日 (木) | 編集 |
上達に近道はないのです。
が。 険しい一本道に見えるその道をできるだけ平らにする方法はある。
どうせ長い道なら少しぐらいラクして行ったほうがいい。

いくつか私が試して「これは役に立った!」と思うものをご紹介していこうと思いまーす。


①身近な単語を叩き込む
普段、何気なく毎日する行動や、身近なものの単語を言えますか?
いくら難しい単語を知っていても、身近なものの単語を知らないと役に立ちません。

そこで、まず目の前にあるものを言えるようにしてみましょう。
強制的に目に入るようにすればいいんです。

ここで登場するのはポストイット。
わからない書けない読めない単語を片っ端からそれに貼ってしまいましょう!
そしてそれを使うときに声に出す!せっかくだから動詞も一緒に!

テレビには「テレビ」だけじゃなくて「テレビをつける、けす」
洗面所には「歯」だけじゃなくて「歯をみがく」
ドアには「ドア」だけじゃなくて「ドアを開ける、閉める」「ドアが開く、閉まる」

わぉ。一石二鳥ですね(・∀・)

これをすると、毎日やることはイヤでも一日最低一回繰り返しますから覚えます。
朝起きてご飯を食べて「歯をみがく」、家を出る時に「テレビを消す、ドアを開ける、ドアを閉める」と。

ポイントは口に出して洗脳することです。
洗脳ってのは、つまり。 その単語もしくはフレーズを聞いた時に画が浮かぶか。
その動作をした時にそのフレーズを単語を浮かべられるか、です。

ファイティンっp(^-^)q
長男の嫁
2008年09月02日 (火) | 編集 |
以前、テレビで韓国に嫁いだ日本人女性の話を特集していました。

出てくる人がみんな「韓国の家族付き合いに苦労している」とか「韓国と日本の文化の違いに苦労してる」って感じでした。

確かにねー。

第三国で出会って、韓国文化を知らないで結婚して
しかも長男の嫁なんて最悪でしょうね。
(全部が悪いわけではなくてね、一般的な意見として)
せめてどちらかの国で出会ってたら違ってたのかもねー。

嫁に気遣ってくれる旦那ならばまだしも、放送された番組に出てきた旦那はもっと長男の嫁としてしっかりしろだの長男の嫁としてなってないだの言いたい放題でした。

『しきたり』だとか『長男の嫁』だとか『親の面倒を見るのは当然』という文化が薄れつつある日本の嫁をもらっといて、その言い分はないだろう、と。しかも日本が嫌いだとはどういうことだ、と。「首相が出てくると気が狂いそうになる」って。「子供が生まれたら第三国に住むしかない」って。

そこまで思うなら日本人と結婚しなければ良かったのに。
「国籍じゃなくてその人を好きになった」って言葉はわかるけど、国際結婚する以上は、そこも含めて理解して許していかないとダメなんじゃないのかなあ。。。

別にどっちの味方をするわけじゃない。
韓国の家族執着文化をちゃんとしらないまま嫁いだ嫁側にも問題はあるし
文化を知らないことを知っていながら気遣わない旦那側にも問題はある。

もう一歩づつ歩み寄ればいいのにねえ。
それか、もうしょうがねえ、と割り切るか。


周りに国際結婚組が多いので、すごく身近な問題ではあるし、私が知らない問題も大小あれど沢山あるんだろうけど、少なくとも理解し合ってる人が多い(気がする)。日本に住んでいる人は、日本人が最大限気を使ってあげてるし、韓国に住んでる人は韓国人が最大限に気を使ってあげている気がする。

まあ、でもそれって日本人同士でもそうか。
相手に優しくなれれば、相手もそれに応える。


私が見たのは前編だったんですが、結局後編は見れず、子供が生まれた後の話が見れませんでした。
せめていい方向で終わる話になってたらいいな~と思う今日この頃です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。