1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイソ!ボイソ!サイソ!
2008年10月16日 (木) | 編集 |
釜山に行く前に釜山ナビをチェックしていると、、、
なんと、この連休中に二つもイベントが!!

一つは、釜山国際映画祭。
そうです。あの最近(?)人気な髭男爵の元メンバーである市井昌秀が監督としてグランプリとった映画祭です。ちょっと海雲台だったのでちょっとパス。

もう一つは、チャガルチ祭り。
釜山ナビを見てもいまひとつつかめないこの祭り。場所も近いし、実際見てみればいいんじゃん?ということで決定。


でも行ってびっくり。
たまたま私が行った時間がもう終わりぐらいの時間だったからなのか、かなり地元密着な祭りで舞台みたいなところで行われているのは学園祭レベルなステージと素人バリの音響。
周りではとても衛生的とは思えないところに魚が並べられていて、それを食らう人たち。
元々生もののニオイ自体得意ではない私はひとまず退散させてもらいました。

魚好きな人には楽しい祭りかもしれません。
てんこもりの魚介類が1万ウォン(1000円ぐらい)でお腹いっぱい食べられるし、飲める。


映画祭だったかな・・やっぱ。

ちなみにタイトルは、チャガルチ市場に南浦洞から入るところに掲げてある有名なフレーズ。
「来てください!見てください!買ってください!」の釜山弁です。
(標準語だとオセヨ!ボセヨ!サセヨ!となります)
スポンサーサイト
名物♪
2008年10月14日 (火) | 編集 |
釜山といえば



テジクッパ!!



断トツ一位の料理です。


他には東莱(トンネ)パジョン、いわゆるチヂミってやつも有名ですが、粉モノを大量に食べれない私にとってはあまり魅力的ではございません。あとはミルミョン?冷麺の麺を辛いタレで和えたやつとか、お刺身とか基本的に魚介類ですかね。でも圧倒的におススメなのはテジクッパ。なぜならば、ソウルではほぼお目にかかれないから。釜山料理のお店とかに行けばあるかもしれないけど・・少なくとも私は見たことがない。

もし食べたことのない方いたら釜山に行かれた際にはぜひ。
西面のロッテデパートの近くにテジクッパ通りがあります。
迷わなくてもテジクッパしかありません。

テジクッパとは豚肉とご飯がとんこつスープに入ってるものです。
ソルロンタンのように、塩やコショウでお好みの味に調節してから食べます。

写真がないのが残念ですが、そんなときは釜山ナビです。
テジクッパの作り方から食べ方まで写真つきでのってます。→こちら


お試しあれ~♪
秋の行楽~釜山旅行~
2008年10月13日 (月) | 編集 |
秋は連休が多いですね。
観光シーズンだし、季節もいいし、連休があるってのはとっても嬉しいですが、何もすることがない連休ってのは得てして不要なもの。でもラッキーなことに第一弾は沖縄でした。そして第二弾は出張行ってました。

そして、第三弾は・・・

帰国後初のプライベート韓国!

いえ~い♪

結構、韓国行ってますが、帰国してからの韓国はすべてお仕事。
プライベート韓国は、なんと!初!
でも帰国するときになんとなく、もうしばらくは韓国遊びに来れないなあ、なんてどこかで感じていたので、意外にも早く来れて嬉しかったです。


今回の目的は遊びっていっても完全に遊びでもないので(だから来れたってのもある)、朝から晩まで自由、ではありませんでしたが。それでもプライベートですから。気分的な盛り上がりが違います。

しかしウキウキな気分もつかの間。
行きの飛行機では東方神起のファンのおばさまに囲まれ、質問攻めに会い、
「一人?え、なんでなんで!?」から始まりまして
「留学してたんだあ!!すごお~い!!」
「トン(東方神起)が言ってることとかわかっちゃうんでしょ!?」
「全部となりで訳してもらいたあ~い!!」



・・・寝かせてください。



すっかり憔悴しきった私は彼女たちが何の目的で釜山行きの飛行機に乗っているのか、果たしてコンサート的なものがあるのかすら聞くことができず、彼女たちとはお別れしました。
まあ、ずっと話しかけられてたというと、それは話をもりすぎで、お食事の時間までです。しかし、食事中も神様は私をゆっくりはさせてくれませんでした。隣のおじ様(在日1世)が、懇々と人生論を語って下さり、今までの波乱万丈なご自身の人生を振り返ってくださいました。

おじ様の教訓としては
1.金は後世に残すな。相続税で苦労する。
2.金で買えないものは、人の命・人の心。
3.飽きないもの、それはゴルフ・食事・女。



・・・あの、、とりあえず寝たいんですけど。



こんな感じで寝ようとすると話かけられ、音楽聞こうとすると話しかけられしているうちに到着。
結局、飛行機で一睡もできませんでした。


行きだけでなかなか色々盛りだくさんでしたが、食べるものは食べ、飲むものは飲み、特に今回は観光するつもりもなかったのでそれだけで満足な旅になりました。主目的であった結婚式も終始感動で、幸せいっぱい。身も心もお腹いっぱいになりましたとさ。

あーまた行きたい。
すぐにでも行きたい。
釜山も良いけど、ソウルにも行きたい。

帰りの飛行機で富士山が見えました。ラッキー♪
飛行機から富士山

BIG BANG~ハルハル~
2008年10月04日 (土) | 編集 |
まぁいいから聞いてみなって。



あぁ切ない。
俺のことはいいから、あいつのとこいけよ。幸せになれよ。俺がガマンすればいいだけだ。
って、未練たらたらで、相手の幸せ願う割に、ええ格好しいの悲劇のヒロイン系。ありがちな歌詞です。男のくせに女々しい。

でも切ない。
イントロ聞いただけでツボだと思ったのは間違いでなく、アレンジがDAISHIだったのは何かのお導き?
DAISHIって最近ジブリの映画音楽をトランスにリミックスした日本人です。ジブリ好きもあって、そっちに軽くハマってた私は、イントロ聴いた瞬間「!?」って何かを感じたわけです。直感って大事だねー

ハルハルってのはこの曲のタイトルで、韓国語で書くと하루하루で、ハル(하루)で「一日」って意味なのでハルハル(하루하루)だと「一日一日」とか「日に日に」みたいな。

ざっくりまとめると、日が経てば忘れられるさ的な歌詞ですわ。
ま、ざっくりですけど。

ちょうど韓国に遊びに行ったときが彼らのカムバックだったという幸運な友人談によると、相当踊りがかっこいいとのこと。「現地+直視+ラッキーさ」という条件と興奮度を差し引いても、十分かっこいいんだと思う。

あーうらやましい。

日本のライブも行けないのがやたらストレスです。
巡り会わせが悪すぎる。たぶんどこかで運を使い果たしてる気がする。


優しい歌
2008年10月01日 (水) | 編集 |
先日、空いた時間もなかったのですが、仕事から開放された11時過ぎ、上司には「ホテルに戻りました」とメールを打ち、本当にホテルに一度戻ってからこっそり抜け出し、新村で飲んできました。

楽しかったなあ。

友達と二人、密会みたいで(笑)
韓国人と仕事をすると苦労する、っていう観点がピンポイントで同じで。

またいつか語学堂通いたいね~なんて。

いつも通ってた道を通り、いつも行ってた居酒屋で、あわよくば朝までだったのですが、さすがに次の日もお互い仕事だったので3時前にはホテルに戻りました。

マッコリ超うまかった~。

そんな新村までのタクシーの車中、おっちゃんに行き先を告げると「こんな時間に新村まで何しに?」「友達に会いに」なんてたわいもない会話から、仕事の話になりました。

上司の通訳は大変で思い通りに通訳できないこともあるんですー、そのたびに、ああダメだなって思うんですー、と話したところ、おじさんすごくいい人で、一生懸命励ましてくれました。

「今こうして会話できてるでしょ?君の言ってること、内容、全部伝わってるよ。一言一句同じ言葉である必要はないんじゃないかな。大事なことは話の趣旨がちゃんと伝わることだよね。大丈夫、ちょっと自信をもってごらん。」って。

ああ、ほんといい人だなあ。
おかげで楽しい新村までの道のりになりました。

言葉ってすごく大事で、使い方次第では、武器にもなる。

どんなナイフよりもぐっさり突き刺さることもあるし、致命傷を負わせることだってできる。

でも時に言葉は、あたたかく、優しく、そっと包み込んでくれる。

私たちには使いこなす権利がある代わりに責任がある。
私もおじさんみたいに誰かの心に灯をともすような言葉を使いこなせるようになりたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。