1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルツアー番外編(誰かの優しさ)
2006年09月23日 (土) | 編集 |
さて。
ソウルタワーでの出来事。

仁寺洞ではどっかの大学の日本語学科の学生にインタビューされた。日本と韓国の映画についてのアンケート。(たぶん留学してなかったら「時間ないんで・・」とかいって断ってたかもしれないけど、こういうインタビューって色んな語学堂でもやってたりするから、無下に断れない。自分が同じ立場だったら、って思う。)
観光地で日本人が多いところを狙ってきたんだと思うんだけど、観光地に関わらず、結構こっちでは日本語を勉強してる韓国人に話しかけられることよくあることだったりするんです。

ソウルタワーでも同じように話しかけられた。
突然話しかけてきたから話して、そのままバイバイっていつもの感じで終わったんだけど、ソウルタワーから降りるときにまた会った。
ほんとはバスで降りようって思ったんだけど、なんだか遠回りになりそうだからケーブルカーで降りようとしていたら、わざわざバスから降りてきて、車で東大門まで送るからバスに乗れと言う。
なんでそんなに親切にしてくれるんですか?って聞いたら

「日本に行ったときに同じようにしてもらったから」って。

そっか。

どこかの日本人の親切が、
巡り巡って、
私のところにきてるんだ。

彼女もとってもいい子で、感謝してもしきれない。
トイレに行ってる間に見知らぬ女の子に話しかける彼氏。
どんな気持ちになるんだろう。絶対やだよね?
わざわざバスから降りて車で送るよなんていってる彼氏。
デート中なのに。絶対やだよね?

連絡先も聞けなかったから今は彼らに恩返しもできない。
帰り際に頭をさげて「本当にありがとう」って言うことしかできなかった。

だから。
せめて。
せめて彼の親切がムダにならないように。
私も親切をしていきたい。
出来なくてもせめて気持ちだけは。

いつか私の親切が誰かに巡るように。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。