1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国結婚式レポ(ペベク編)
2006年09月30日 (土) | 編集 |
さて。

披露宴で新郎新婦が退場した後、通常は親族だけで行われるという「ペベク(폐백)」という儀式を見せてもらうことができました。
ホテルにはペベク室というのがあります。新郎新婦は韓服に着替えて、ペベク用の衣装を着ます。昔は自宅で行っていたこともあったようで、もっと厳密にやると長い儀式のようなのですが、今は簡略されているとのこと。

20061002162717.jpg

*旦那様のお母様へクンジョル中

新郎新婦に両親や親戚が祝いの言葉をかけ、新郎新婦がお酒を振舞います。両親が新郎新婦が持つ布めがけて、栗やなつめを投げます。これは子宝に恵まれるようにとの意味があるらしいです。それから、新郎が新婦を背負って部屋を一周します。お母様の背負われてました。

結婚式ではまーーったく感動の場面はなかったし(もちろんキレイだったしステキだったけど)、日本みたいに感動を演出することもなく淡々と進んでいくから、新婦の涙なんてものは見なかったけど、ペベクの最中、クンジョルをした時に新婦が泣いてました。
ああ、韓国人にはクンジョルとか大きな意味があるのかな、って思ってて横にいた新婦の妹に「お姉ちゃん、泣いてるよ」って言ったら

「え?なんで泣いてんの!?」

人によって感動は様々のようです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。