1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

継続は力になるかな?
2006年10月10日 (火) | 編集 |
全く強制ではないけれど、宿題がある。
平常点に入るといわれたけど、2級の成績には中間・期末の平均点しか記載されないし、各教科も評価(D~A)のみが記載されているだけ。

出席も、欠席日数が規定内であれば次の学期の登録ができる。
宿題以上に成績には反映されない。

ま、授業に出なかろうと、宿題をやらなかろうと、本人が自主的にやればすむことだから別にいいし、それに口出しするつもりは毛頭ない。

ちなみに私は毎日宿題出してます。
よく「すごい、えらいね」とか「真面目だね」って言われるけど、すごいわけでも真面目なわけでもなくって『やらないとできない』だけ。(それに宿題やりながらわからないとこは質問をノートに書いておけば先生がコメントしてくれるし。)
授業を休まないのも、『休んだらわからない』から。

語学の習得スピードに個人差があるのは当たり前。
私が2級の最初に(最初だけ)思ったように3級が簡単だと思っている人も当然いるわけだから、わかる人は休んだって構わないし宿題だってやらなくたっていいと思う。

だから、やらないとできないならやるしかない。出来ないなりの努力は惜しまないようにしないと、と思ってるだけなのです。ふう。

やらなくても出来るに越したことはないんだけどな~。
・・・甘いですね、はい。勉強します。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。