1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料バスツアー
2006年10月14日 (土) | 編集 |
ソウルから離れたところに行ってみたくって南へ。
安東(アンドン안동)と亀尾(グミ구미)に行ってきました。
(カメラの充電が切れてて写真はかおりんからもらいました。ありがとう!)

どの辺にあるのかという位置関係は全く無視して
予習もせずに行ってみた。
というのも今回はバスツアーに参加したのです。
しかも。タダ!!!

さて、まずは安東へ。
ソウルから約3時間。
400年前の町並みが保存されている河回村(ハフェマウル하회마을)

251017093qz7.jpg


この村には「柳」という苗字の人しかいません。
むかしむかし、この村に伝染病が流行りました。村に住むある男性の夢に神様が出てきて「この村を救いたかったらお面を12個作りなさい。ただし、1ヶ月以内に作ること・作っている間は誰にも見られないようにすること、コレが条件です」と言いました。男は1ヶ月村のはずれにある小屋にこもりせっせとお面を作りました。実はこの男には婚約者がいて、婚約者は突然いなくなった男を探しました。婚約者はついに男を見つけました。その時ちょうど男は最後の1個のお面を作っている最中だったのです。そのため、村は伝染病により壊滅してしまいます。その後、柳氏がこの村を興し、今に至るというわけです。で、このお面は今は国宝として博物館にあるそうですが、その中であごがないお面があるのですが、それが最後の一つのお面だそうです。
てっきり鶴の恩返し的な話かと思ったら超リアル話でした。
この村では伝統の仮面劇を見ることができるらしいです。

もう一つこの村で有名なもの。
それは、日本でも歌を出している韓流スター、リュ・シウォンの実家。

49101701517qz11.jpg


一緒に行った友達と私は全く興味がなかったけど、バスのガイドさんが「この中でファンの方~」って聞いたら手を挙げた人がすごくたくさんいて、二人してびっくり。実家なんか見ても面白くないのにねえ。
とはいいつつも、一応表札の前で写真を撮ってみたり、塀の上からカメラをかざして写真を撮ってみたり。記念だからいいよね。

ご飯を食べたら亀尾へ移動。
ここでは温室で作っている菊の花の工場見学と押し花体験。

帰りも途中も爆睡しててあんまり景色はみれなかったけど、
日本とあんまり景色に大差はなかったかな。
ソウルから出た瞬間に自然の風景が広がる辺りは
強いて言えば、常磐線で千葉から茨城に入る、まさにそんな感じです。

ソウル以外の旅は空気がきれいで楽しかったです。
(なんか小学生の作文みたいなんだけど・・・)

63101704213qz2.jpg


秋満喫の旅なのでした。旅行に来た場合も日程さえ合えば参加できるし、7時ぐらいにはソウルに戻ってこれるので、たまにはこんなのもいいのでは?

次は春かな~
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
へぇー
バスツアータダなの??それともたまたまなのかな。
もし柳さん以外の人が住みたくなったらどうするの?許可おりないの??
2006/10/17(火) 02:29:05 | URL | ゆみ #-[ 編集]
いつもタダなんだよー。農林水産省的なところから補助金が出てるらしい。
柳さん以外の人が住みたくてもダメなんだって。ってかお土産屋さん以外何もないから住みたい人はいないかも。
2006/10/17(火) 08:09:59 | URL | ナツ #-[ 編集]
安東、前から行ってみたかったんですよ~
いいなぁ。。。
無料ツアーは、どうやって申し込めるの??
2006/10/17(火) 23:53:24 | URL | nene #2Z5jlXfU[ 編集]
neneさん>
ぜひぜひ!自由時間があるわけではないし、安東を見て回れるわけじゃないけど、タダなわりに相当充実した旅でした~。メールで詳細送りますね^^
2006/10/19(木) 23:50:48 | URL | ナツ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/04(木) 23:29:25 | | #[ 編集]
鍵コメ様>
コメントありがとうございます♪
今はやっているかどうかわからないのですが、ソウルナビで申し込めました^^チェックしてみてください。
2010/03/13(土) 23:48:05 | URL | ナツ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。