1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語辞書の使い初め
2006年10月19日 (木) | 編集 |
使い初めの希望としては、買ってからいまだに時間がなくって10ページぐらいしか読めてない『フライダディフライ』を読むことだった。
映画の日本版主人公はV6の岡田くんって聞いたんだけど、私のイメージはテーマ曲はミスチルのままで、主人公はイジュンギなのです♪
それを想像(ってか妄想)しながら、国語辞典を使いながら、精神的にも楽しんで、頭も使う、っていう一石二鳥作戦だったのに。

今日使うときが来てしまったのです。
イルキの問題を解いていた時に。

  問題:次の単語を辞書で調べて意味を書きなさい。

こう聞かれたら何も日本語から訳す必要ないよね?
手元に韓国語で説明されてる辞書あるもんね?

お世話になります。と、手を伸ばし、見事役目を果たしてくれました。

使った感想は・・・相当楽しいです、これ。
私が買った物は小学生用だから、説明も易しいし、字もそれなりの大きさあるし、こんなのわかるでしょっていう単語に丁寧に写真までついてる。
20061021114856.jpg



なんか調べるのが面白くってハマりそう・・

さ、頑張って値段以上に使いこなさないと。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。