1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入学手続き③
2006年03月08日 (水) | 編集 |
語学堂の入学のために必要な書類である、卒業証明書を取りに大学へ行ってきました。

入学手続き②で書いた通り、20時までに行けば翌日発行で、しかも郵送までしてくれるので、こんなにありがたいことはないんですが、午後お休みをもらって直接受け取ることにしました。

送るものは「卒業証明書または成績証明書」となっていたので、念のため二つとも発行してもらうことに。
なんてことはない、2~3分で発行してもらえちゃいました♪
楽勝、楽勝♪


ついでに就職の時に色々と面倒をみてもらった就職課の方に挨拶をしようと就職課へ行きました。まあ、時期が時期なだけに、学校は閑散としてましたが、就職課はそれなりに学生さんがいました。

スーツ姿でエントリーシートとにらめっこしている女の子。
友達同士でわいわいと、あーでもない、こーでもないと自己分析や企業研究をしている集団。

とても社会人とは思えない格好でズカズカと入っていって、興味本位で企業の募集要項とかデータを漁っている私は確実に浮いてる。そして学生の目も「誰こいつ」的な。
いや、時間つぶしてるだけです~就職課の人待ちです~という心の中の言い訳も伝わるはずもなく。しばらく浴びせられた好奇な目を避け、お世話になった方の元へ。


「お~久しぶり~!何やってんの~」
「お久しぶりです~。いやーちょっと証明書取りに」
「えー転職?」
「違いますよ~」

なんてたわいもない会話をしていて


「そういや今どこで働いてんの?」
「卒業してからずっと同じとこですよー」
「何やってんの?」
「えー・・人事です・・」
「ええっっ!!??お前が人事~!?」


その響き渡るほどの大きな声に、私以上にびっくりしたのは学生。
そして、その瞬間の部屋の空気の変わりっぷりにびっくりしたのは私。

じゃあまた~、と帰る時。
さっきまで好奇な目とわいわいしていた学生が鳩が豆鉄砲くらったかのように、じっと机に向かっているどころか、私に向かって会釈です。

その打って変わった態度に、私以上にびっくりしたのは就職課の人。
苦笑いで手を振ってくれました。


学生さん。私、人事は人事でも採用担当じゃないんです。ごめんね。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。