1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dirty Cash
2007年01月26日 (金) | 編集 |
BIGBANGの新しいアルバムを聞いて『Dirty Cash』をヘビロテしていると、確かにお金があったって幸せになれるとは限らないけど、やっぱりないよりあったほうがましなんだよな~なんて考えつつ新聞を見てる今日この頃です。

先日、10000ウォン紙幣と1000ウォン紙幣が新しくなりました。
20070126203719.jpg
(↑朝鮮日報記事)
今流通している紙幣より一回り小さくて、色も明るいです。
偽造防止の特殊な仕様になってるとか。

ちなみに私、銀行に行って振込みした時におつりとして1000ウォンのピン札をもらいました^^ちょっと嬉しかったので4枚もらった内の一枚は欲しいといった友達と交換。一枚は記念に取っておいて、あとは惜しみなく使おうと思います。でもきっと流通するまでは使えなさそう。。。

その紙幣が発行される当日、銀行の前には長蛇の列。
並ぶ・待つが嫌いな韓国人が夜を徹して並ぶなんて奇跡に近いです。

まーそれもこれもその紙幣の若い番号がネットオークションで高値で取引されるかららしいんですが。

お金でお金を手に入れる。

「없으면 없는대로 행복하게 살자」
(なけりゃないで幸せに生きようぜ)

うんうん、そうだよね、なんて思いつつ
頭の片隅では、やっぱりないよりあったほうがいいよね、と思ってしまう貧乏学生。

でも

「행복의 기준마저 돈이 되는 세상. 니 꿈은 얼마」
(幸せの基準さえお金になる世界。じゃあお前の夢はいくらだ?)

と聞かれれば、夢も幸せもお金じゃ買えない。
価値基準は自分で決めるものだと堂々巡りなのです。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。