1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入学手続き⑤~授業料を振り込む~
2006年04月11日 (火) | 編集 |
今日(昨日?)授業料を送金する手続きをしに行きました。


本当は旅行がてらソウルへ行って授業料を払ってきたり、ついでに銀行口座を開設したりできたらよかったんだけど、あまりに時間がなさすぎます(>_<)プリーズ、時間!!


さて、そんな貧乏暇なし社会人に残された方法は


外国送金。


選択肢はふたつ。
銀行か。郵便局か。


調べてみると、一長一短なので、これから支払う方は吟味してくださいませ。
※すべて「日本から韓国へ」の送金のお話です。国ごとに異なります。


【銀行から海外へ送金する】
*手数料:送金手数料4000円、韓国の銀行の手数料2500円
(※銀行によって変わります。都市銀行はほぼ同じくらいかもしれません)
*送金方法:電信、ドル建て(レートは送金日のお昼のレートらしい)
*日数:3~4日


銀行の送金といえば、なんと言っても手数料が高い!うーん、とうなってしまうほど高い。でも送金にかかる日数は早いし、電信振込みだから安心。
ただし、注意しなければいけないことが。確かにどこの銀行でも海外への送金はできるし、都市銀行よりも地方銀行やシティバンク系の方が手数料は安いです。が!そこの銀行の口座を持っていないと少なくとも都市銀行は海外送金ができません。というのも、現金を持っていったから送金をしてくれるわけではなく、口座振替なんですね。つまり。自分の口座から引き落とされるんです。ちなみに、旧東京三菱の口座を持っている私ですが、旧UFJ店舗の三菱東京UFJで聞いたところ、旧UFJの口座じゃないとダメだとさ。なんのための統合だよ!!と突っ込みたいです。


さ、気を取り直して、次です。


【郵便局から送金する】
郵便局のホームページ(韓国への送金について載ってます)
*手数料:2500円
*送金方法:相手先の住所へ為替証書を郵送。
(※韓国への銀行口座振込みはありません。郵便口座はあり。)
*日数:5日~10日


なんといっても魅力は手数料の安さ。でも色々調べていると、「途中で心無い郵便屋さんが為替を盗んだらどうしよう・・・」とか「為替がちゃんと届かなかったらどうしよう・・」とか悶々と考え込んでしまいました。願書を送ったときにすでに郵便の信頼度は上がってるはずなのですが、為替となると話は別。だって金額も半年分だからかなりの額だし。
銀行口座への振込みもあればいいのにね。


というわけで、ヘタレな私は、安全をお金で買いました。


続く・・・

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
着々とすすんでますね~^^
私は、今月末で仕事を辞めるので今、引継ぎ資料
の作成に追われてます。
(といいながら、今会社から書き込みしてるんだけどね^^;)
あっという間に6月になっちゃいそう...
2006/04/11(火) 10:13:25 | URL | かおりん #cdcBoeBw[ 編集]
いえいえ、スタートが遅い分、スピードアップしとかないとD-4ビザが間に合わないんですよ(泣)
今月で仕事終わりなんですよね。いいなー。私はギリギリまで働きます~。ほんとあっという間ですねー。気づけばソウルにいるんでしょうか。。
2006/04/11(火) 22:49:06 | URL | ナツ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。