1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入学手続き⑤~授業料を振り込む(続き)~
2006年04月11日 (火) | 編集 |
さて、銀行の窓口へ行って送金しましょう。

【外国送金で必要なもの(都市銀行の場合)】
○その銀行の口座
○届け印
○身分証明書(免許証とかパスポートとか)

【準備しておくもの】
○送金先の口座(ローマ字表記)
○送金先の住所(ローマ字表記)
 自分の口座名義以外はすべて書類はローマ字表記です。
 振込先の正式 なローマ字表記が必要になります。
 実は私、これで前に短期留学した時に、出直したイタイ記憶が・・
 だからこれだけは、超準備万端。ぬかりなし!!
 延世大学の場合は、入学許可のメールとともに、
 ここに振り込んでくださいね~と口座が書かれていて、
 ご丁寧にローマ字表記もしてくれていました。
 分からない場合は学校に問い合わせを。
 住所は入学願書に書かれていたのを拝借しました。
 どこの大学も住所ぐらいはホームページに載せていると思います。

○ドル建ての振込み額
 ウォンでは送金できません。なので、ドル建ての送金となります。
 当日のレート(たぶん)で、それを日本円に換算し直します。


「今日のレートは1ドル119円です」

はいはい。レートのいい日を選んでるひまはありませんし。

「ウォンをドルに換算して、それからドルを円に換算して口座から引き落とします。手数料も一緒に引き落としますね」

はい。お願いします。

―そして20分後・・・

「○○さーん」

はーい。

「これが引き落とし額になります♪」

・・・・(思わず二度見)

うわわわわー・・・

語学堂からのメールにあったのは、
申込み手数料6,000ウォンと学費2期分2,846,000ウォン
合わせて2,906,000ウォン。

yahoo!ファイナンスでレートを調べていったら
3047.4ドルだった。

それを日本円に換算すると、、、360,111.25円・・・

わかっちゃいるけど。
レートが悪いってわかっちゃいるけど。
韓国がちょっとバブル気味だってわかっちゃいるけど!!
ウォンからゼロをひとつ引けばいいレートが体に染み付いてる私は軽いめまいを覚えました。

そして送金手数料も含めた最終的な金額は

370,182円

ああ、私の37万円ちゃん。
頑張って私のお役にたってね(T_T)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。