1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Welcome To トンマッコル
2007年07月07日 (土) | 編集 |
ちょっと前になりますが、こんな映画見てきました。
20070709183849.jpg
웰컴 투 동막골 (Welcome To トンマッコル)
감독(監督): 박광현
출연(出演): 정재영, 신하균, 강혜정

南北の戦争があった時のお話。南北の兵士と米軍兵がとある村で出会い最初は牽制しあっていたお互いがだんだん心を開いていく。
20070709185903.jpg

20070709185934.jpg
その村の女の子の純粋さに助けられる場面もあるんですが・・・
20070709185758.jpg

私的には予想範囲内の内容だったのですが、意外に面白かった。横で韓国の歴史とか背景を説明してもらいながらだったのも良かったのかもしれないです。たぶん映画館で普通に見てたら面白さ半減だったと思う。

北南の兵士の友情という点ではJSAなんかも同じ部類かもしれなけど、全然さわやかです。この映画。だから好き。

なんでさわやかなんでしょうか?

原因は音楽にありました。
このOSTを作ったのは、そう、久石譲様です。
大尊敬する人の一人。久石譲と言えば、これまた大尊敬する宮崎駿映画には欠かせない人。映画に出てくる音楽を聴けば場面がすぐ頭に出てきてセリフまで出てくるぐらい大ファンなのです。というかマニアなのです。
未来は明るくないかもしれないけど、希望が持てる。そんな音楽です。

こんなところで出会えるとは。
ぜひ聞いてみてください。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。