1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こぐまってなーんだ。
2007年09月27日 (木) | 編集 |
正解は、韓国語で『さつまいも』のことです。
かわいいね。こぐま。
まさかこうとは。誰が想像したでしょうか。
111.jpg
言葉って面白いですね。

問題だけ出したってつまんないので、こぐまに関する豆知識をひとつ。

日本と関係があるんですよ、実はね。
朝鮮時代の18世紀に日本から伝わりました。(日本へは17世紀に伝わってきて、薩摩地方から伝わったので『さつまいも』と呼ばれるようになりました。)まさかね日本から伝わったものとは思わなかった。だって今じゃこぐまケーキなんてのもあるのに。こぐまピザもあるし。結構うまいし。こぐまの天ぷらももちろんあるでしょ。韓国、こぐまだらけですよ?流行りすぎだろ、って話です。

でも、もっと驚くべきものが。

それはコチュ。
そうそう、とうがらしです。

コチュがないと、この国の料理成立しません。というかこの国自体が成立しないんじゃないかと思うぐらいの大黒柱ですよ、コチュ。なんでもかんでも投入しますもの。調味料の王様コチュジャンもそうでしょ?歯の間に詰まって百年の恋も台無しにしてくれるコチュカル(とうがらし粉末タイプ)でしょ?

大体、コチュと言えば男の子のアソコをさす言葉にもなってますから。

まさか日本発とは。

ちーなーみーに。
タバコも日本から伝わったものです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。