1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業所感
2007年09月09日 (日) | 編集 |
という題名で、卒業すら決まっていない中間テストの時作文を書いたことを思い出しました。

書き出しは「한국에 왔던데가 엊그제같은데・・・(韓国に来たのが昨日のことのようなのに・・・)」です。
お決まりです。

4級までいた方ならわかると思いますが、4級の教科書の最初に出てくるんです。8割の人がこの書き出しであるのは間違いないです。とりあえず周りの人に聞いたリサーチによると100%でした。

さて、本題ですが。
卒業した感想でも書こうかと思います。

2級は大変でした。もちろん発表なんかはないに等しいので、その点、級があがるほど大変ではあるんですが、日常会話で使う文法しかも重要なものをしこたま詰め込まれます。正直会話練習なんてのは二の次。重要かつややこしい文法を詰め込まれて単語料もたくさん。西江大学の語学堂へ移籍する人が多いのも2級終了後です。

3級は2級が大変だな~と思っていた分、楽チンでした。
文法も同じぐらい詰め込まれるんですけど、2級で習ったものの応用的なものも多くて2級で習った文法を使えるようになるのもこの頃で、楽しかったことしか覚えてないです。

4級は3級が楽だな~と思っていた分、結構しんどかったです。
3級ではお気楽に会話練習なんてしていたのに、突然新聞発表です。でもここで鍛えられたが逆に良かったです。今考えるとたかが前後期1回ずつの発表で何をあんなに大変がってたのか不思議。クラスのみんなに助けられました。授業が楽しかったのはここが最高です。

5級は4級が大変だな~と思っていた分・・そう、そこまでしんどくなかったです。
でも発表の量はグンと増えて、新聞発表も適当にやらざるを得ない。パソコンでまとめるようになったのもこの時からです。授業も4級までは結構メインで考えてたけど、ここからは今までならったものの応用的な感じが多いし、新しい文法って感じはほとんどなくなります。たまにはありますけど。4級5級はテストのマラギがかなり大変だったなあ。。

6級は、はい、大変でした。でも楽しかった。
発表は5級と同じ回数。それに座談会、論文作成。卒業旅行。つまりね。全っ然時間が足りないんです。ひとつ終わったら、はい次、はい次、ってかんじでした。なので少しの気休めにとでも発表が全て終わったあと気を抜いてたら気づいたらテストだったなんてこともありました。テスト勉強は基本的に早くて2日前スタートだった気がします。

あくまでも私の主観的な感想なので、相当差があると思います。途中の級から始めた人はもっと違う感想だと思いますし。。。実際に私が5級の時に6級の人から「6級は楽になるよ~」って聞いていたんですが、どっこい。大変というよりは休む暇なく毎日が過ぎていくという感じでした。

でもそんな大変な毎日も今思えば楽しかったな~という記憶だけ残ってます。当たり前のように学校に行ってたのに突然学校に行かない毎日が始まるのは心にぽっかり穴が開いたような、そんな感じ。

いや、でもちゃんと現実に戻らねば。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。