1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリギリ??
2007年11月05日 (月) | 編集 |
9月の帰国直前に受けた韓国語能力試験の結果が1日に出ました。
※TOPIK公式サイト⇒こちら
語学堂の卒業をかけた期末テストが終わって、
卒業できた~ってほっとして
帰るまで遊ぶぞ~!って気合入れてたら

すっかり能力試験の勉強はそっちのけでした。

たまに友達と「勉強」と称してカフェでお茶してたぐらいです。
結局しゃべって、韓国人の友達の日本語と英語の勉強を眺めてたぐらい。

気づけば問題集は真っ白なままで、一時期はもう受けるのやめるか、
とまで思ってたんですが、お金を払ってるので一応受けてみることに。

で、当日。
テスト自体はトゥッキ(聞き取り)はまあそれなりに出来た気がしたんですが、スギ(文法)がボロボロ。勘でやった上に、時間配分がうまくできなくて。
最後に900文字制限の作文があるんですが、500~550文字ぐらいしか書けずに終了してしまいました。

とまあ、こんな具合なので記憶の中から消し去ろうと思っていた試験なのですが、結果が出たので興味本位で見てみることに。

私が受けたのは初級・中級・高級の三段階の中の高級を受けました。
ある一定の点数以上は6級、それ以下は5級、さらに最低限のレベル以下は不合格となります。

さて。

私は。どうだったでしょう。












続きはクリック↓
なんと。5級に合格してました。

奇跡です。

・・・と思ってて受かっただけでも儲けものなんてかんじでした。
どういう点数なら合格かも知らなかったぐらいですから。

でもさっき基準をちゃんと確認して再度点数を見てちょっと残念。
各点数は6級合格点なんです。でも平均点が越えなかった。
だからダメなんですけど。
う~ん。

決めました。
次回(4月in韓国)は本気で受けますよ、こうなったら。
基本的に語学の資格試験って嫌いなんですけど(実際の実力を量る道具にはならないと思っているので。って言い訳にしか聞こえないw)やってやります。
何が自分に足りないかってことと、やらなきゃいけないことは明らかなので、『試験対策』として勉強します。

ここまで書いといて思ったんですけど、そもそも語学堂卒業しておいて勉強してないとはいえ、『5級に受かって奇跡』なんて情けない。先生、すいません。アップロードファイル
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。