1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人の行動その1
2008年03月20日 (木) | 編集 |
とにかく電話が多い。


たぶん韓国人の知り合いがいない人は想像が出来ないと思う。


それぐらい電話が多い。


大体、そんなに用事もない。


それが安否電話というものです。


友達同士で安否電話とはいいませんが、性質的には似てます。
安否電話とは、一人暮らしをしてる場合は実家に、結婚した場合は義理の両親(とくに母親)に、そして実家にも、自分が無事でご飯も食べているということを報告する特に大きな意味はない電話のことです。

会話の内容といえば「ご飯は食べた?」「仕事はちゃんとしてる?」「困ったことはない?」

これぐらい??

それが友達同士も似たようなことがあるわけです。
「今どこ?」「ご飯食べた?」「今何してる?」

聞いてどうする。
と思わず突っ込みたくなるのは私があんまり電話をしない派だからでしょうか。

注意しなければならないのは、これに律儀に答えてしまってはダメだということです。
律儀にというのは社交辞令的に答えてしまってはいけません。

「今どこ?」→これはまともに答えてもいいでしょう。
        でも会う気がなければそれなりに場所を変えることも必要です。
        学校にいるといえば「これから授業」といって断ることもできます。

「ご飯食べた?」→日本人が失敗する質問がこれです。
           食べてないといった瞬間、それが午後一番だったりしてごらんなさい。
           ただ食べてないだけ、という理由が通じないのがご飯大国韓国です。
           食べてないそれなりの理由がない場合は、「食べた」と切り抜けましょう。
           「食べてない」「なんで?」「え、別に・・」「かわいそう」
           と、一気に不幸な人間にまつりあげられます。
           逆を言えば、ほんとにお金がなくて食べてないときはこの方法を使っておごって
           もらえるという利点を持っています。

「今何してる?」→ここまで質問攻めにされると、私のような性格の人は「どうでもいいじゃん」と 
           軽くキレたくなりますが、これは一連の流れなので我慢してください。
           いちいち質問されるのがめんどくさい人は「今どこ?」の質問の時に一気に
           答えてしまうことをオススメします。


礼儀としてはこちらとしても同じ質問をしてあげるのがベストですが、日本人の習性としては、電話してきて用件を言わない相手に対して、用件があって電話してくると思っているので「(電話してきて)どうしたの?」と聞きたくなります。そうするとたぶん相手は

「くにゃん(別に。なんとなく)」

ということでしょう。
こちらが予定がある場合などは「ちぐむちんぐらんかっちいっそ(今友達といるの)」といって「いったがちょなはるけ(後で電話するから)」といって、さらに相手が切らない場合は「くのー(切るよー)」といって切ってしまいましょう。

万事解決。


そもそもこんなことを思うのは私が日本人だからだと思う。

暗黙の了解で「声が聞きたかっただけ」というのが前提にあって
それはお互いを思いやる心だったり、一人ひとりの関わりが深いってことの表れ。

結局はその文化の中で、対ヒトへの距離がどれくらいかってこと。

日本ではある程度の距離を保つこと・相手の立場に立つことに美学があって
韓国では一度食事をともにすれば友達。自分が出来る限り助けて生きていこうってなる。

不思議だなあ。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。