1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIG SHOW!!(前編)
2009年02月10日 (火) | 編集 |
思ったよりも暖かな韓国。
最高気温も10度ぐらいあって、TVの天気予報でも「小春日和ですね」なんて言ってました。

スタンディングだったので、コートとか荷物をどうしようかと思っていたのですが
荷物を預けてしまうと、帰りに引き取りにかなりの時間をとられてしまうし、並ぶし・・ということで
そのまま着て入ることにしましたが、どう考えてもライブ会場内は暑い。指定席だと涼しかったりするのですが、スタンディングの場合は、密集度もハンパないし、、、。でも今回はラッキーなことに、ちょうどブロックの間に隙間があったので、そこに投げ込んで置きました。(当然荷物がなくなっても誰も責任とってくれませんが)

無事、身軽になったところで準備完了!

ライブがスタートする一時間前に入場がスタートします。
10分ぐらいすると、過去のライブ映像や協賛の会社(FILA、Gマーケット)のCMやら、新しくオープンするブログの宣伝とかが流れ始めました。

まあ、そのスンリがセクシーのなんのって。
Cちゃんは完全にその後のヨンベのセクシーダンスにはまってましたが。
私は完全にBIGBOYとVIPにメロメロでした。


そんなこんなでライブ開始時間になり、バイオリン隊8人ぐらいと、オペラ歌手が出てきて、よくわからない歌を歌い、幕がバーンと開くと、そこにはオーケストラが。
『ハルハル』です。オーケストラの後ろから登場する5人。
BIGSHOW1.jpg
正直「あ~オーケストラバージョンか~」って残念がってたのですが、ちゃんと2番からは普通バージョンでした。

そのまま間を開けず、

もっと残念なのは、私が全てのセットリストを覚えていないこと。
思い出せるだけ書いてみますか・・・(たぶん大体あってるはず)

1.하루하루(ハルハル)
2.천국(チョングク)
3.Strong Baby(スンリのソロ)
4.Number1
5.Stylish(FILAのCF曲)
~ベートーベンのパロディ~
4.나만 바라봐(ナマンパラバ)(ヨンベのソロ)
5.아무렇지 않은척(アムロッチアヌンチョク)(TOPのソロ)
6.Lady
7.Wonderful
8.This love(ジヨンのソロ)
9.눈물뿐인 바보(ヌンムルプニンパボ)
10.착한 사람(チャッカンサラム)
11.Oh my baby
12.Always
13.Make love
~ロッテワールド映像~
14.대박이야(テバギヤ)(テソンのソロ)
15.La La La
16.Bigbang
17.How gee
18.흔들어(フンドゥロ)
19.오.아.오(オアオ)
20.마지막 인사(マジマッインサ)
21.붉은 노을(プルグンノウル)
~アンコール~
22.Oh my friend
23.거짓말(コジンマル)


意外に覚えてるもんだ(笑)


スンリのPVはあまりにもギャップが激しく衝撃的。
すでに何回か見たけど、会場のでかいモニタで見ると余計に。
セブンのla la laのPV見た時以来の衝撃度です。

ご興味のある方は、どうぞ。



Number1は日本で出したアルバムのタイトル曲であるにも関わらず、周りの韓国人の子達は完璧に歌ってました。さすがだね~。私なんて英語だってだけで、サビしか覚えてないのにw

StylishはFILAのCF曲で、デジタルシングルのみの配信曲です。
事前に携帯のVIPサイトでダウンロードできるようになってたけど、私はめんどくさくて(!)買ってなかったのですが、さすが根がまじめなCちゃん。予習しているだろうとは思ったけど、ちゃんとipodに入れてくれてて、会場に行くまでずーっと聞いてました。

実は。。。たぶんこういってるだろう、と思ってた歌詞が全然違っていて
帰ってから凹むことになります。それはまた後日。


さてー続いて、ベートーベン・ウィルスのパロディ。
BBのライブでは必ず何かをパロったドラマ仕立てのものがあるのです。

「ベートーベンウィルス」とは、韓国でやっているドラマのタイトルで、「のだめカンタービレ」のリメイクです。「白い巨塔」(こちらもリメイク・・)に出ていたキムミョンミンが主役で出てます。
それをパロって、BBの5人がドラマを作ってました。残念ながらそのドラマ自体を見たことがないので、どれをどうパロってるのかはわかりませんでしたが、YGの新人オーディションって設定で、スンリが元々YGにいる練習生。TOPが社長。テソンとヨンベは受けに来る子たち。ジヨンはダンスの練習をスンリに覗かれたのがきっかけでオーディションを受けに来るという役。

この女装したスンリが可愛いったら!!!
もう女にしか見えないし。

ジヨンがダンスの練習を覗かれて「누구야!!!(誰だ!)」の後、覗いているのが女の子(=スンリ)ということがわかって、「누구...니?(誰..?)」と言い直す、その言い方がたまらなく好きです。
前半↓

後半↓



ここからはソロが続きます。
まずはヨンベが空中から登場。つるされたピアノと一緒に降りてきます。
帰ってきてからこのジヨンバージョンを聞いてしまったがために、すっかりナマンパラバ=ジヨンになってしまっていて、Cちゃんに申し訳ない。

TOPは雨の中から登場。
場所が良かったこともあって、もんのすごい近くでTOPを見て、歌よりもその韓国人離れした顔にみとれてしまいました。韓国語教室の先生いわく、整形したってウワサがあるらしいです。もともと濃い顔だし、芸能人なんて見られてるうちに、どんどん顔が洗練されてくるものだろうと思うのですが、韓国では普通にありえる話なので、過去の写真と比較してみてみようと思ってます。ひそかに。

2人のソロが終わり5人が登場。
花道の真ん中で「今、彼女いないんですよ~」「今日はこの会場の中から彼女を見つけます!」と。
『Lady』を歌いながら、ジヨンがカメラを持ち会場を映します。(これは土曜日バージョン)そこで選ばれた子が、花道の上に上げられ、さらに『Lady』を歌う5人に囲まれて、歌が終わったところで好きな一人に抱きつく。その人からプレゼントをもらえる、というパターンです。


・・なんて贅沢なんですか。


土曜日はTOPが選ばれてました。
そうだと思ったよ、人気あるもんね。


でも私なら確実に迷わずに、ジヨンに抱きつきます!(どうでもいい?)


本気でうらやましいぐらいにサービス満点で、会場も大騒ぎ。
いい感じで会場が暖まったところで、その選ばれた子に向けて、というテイで『wonderful』。

これ!私がアルバムを手に入れたときから、超ヘビロテしている曲!盛り上がらないわけがない。
しかも!花道を通って最後の方にはなんと目の前にジヨンが!!!

わかりますか?この曲の最後の方がなぜいいか。

歌詞の中に、

You and me 다 같이 위로 go! go!
You and me 따라해요 go!go!

って部分があるんですね。そのYouの時に、客席に向かってYou!と指差すわけ。
それをジヨンがやると考えてみてください。


もはや、キュン死にです。


しかも、目が合ったーーー!!!
(たぶん周囲20人ぐらいは同じことを思ってるはずww)


そんな勘違いの幸せに包まれたまま、ジヨンのソロに。
DJに扮してお皿をまわすジヨン。

(↑実際のライブ映像をYou tubeから拝借いたしました。なくなったらごめんね。)

たまらん。

もう昇天しそうだったんですけど。
しかもまた近くに来るし、歌終わったら花道のところで消えるんだけど、それもなんと目の前。

난 어떻게 해야돼?
ってまさに。どうしたらいいよ、もう。
最高の瞬間をありがとう。もう思い残すことはないよ。


放心状態でヌンムルプニンパボ。
ヨンベがキーボード、テソンがドラム、スンリがギター。
はて?ラップの2人はいつ登場するのかな?と思っていたら、ステージの両サイドの上部にでっかいスクリーンが開き、左からTOP、右からジヨンが。見てるほうが怖いぐらいの、不安定な場所から棒一本で降りてくる二人。歌が終わってからステージ上で「実は怖かったんだよ~><」といってる二人が超かわいかったーー。


チャッカンサラムは、生で聞いたの初めて☆
(Cちゃん曰く、日本のSTAND UPツアーでやったとか。)
ジヨンの歌い方がどの曲よりもセクシーでした。

・・・贔屓目ですけど何か?
裏声で歌うんだもん。メインで歌ってるわけではないのに、裏声と相槌だけなのに、生で見たらすんごいセクシーなんだもん。

TOPの前へ、前へのかんじも釘付けだよね。


あまりに長いので、後編に続く~

余談:
一緒に行ったCちゃんが、RememberのIntroのジヨンのテンションが高くなるところがハマる、と言っていてipodで改めて聴いてみると、マジでテンションの高い一部がありました。ジヨンがメンバーの名前を言うんですが、その中でスンリ♪TOP♪は良い。次の、テ・テ・テ・テソン♪テ・テヤーン!!
ここ、この「テヤーン!」が超テンション高いの。
Cちゃんが延々と物真似してて、ツボにはまった私はテンションが下がったときには常にその部分を聞いて元気を出してました。ぜひ聞いてみてください。しかもその後の、「G-Dragon」の発音が異常に良いです。自分の名前ばかり格好よく言っちゃって。


でもそこまで盛り上がっといて、Introは歌われなかったので、ある意味テンションガタ落ちでした。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。