1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出発して到着。
2006年06月20日 (火) | 編集 |
※21日に書きました。

いよいよ出発の日。

高校の親友ゆみこが空港まで送りに来てくれました。
実は同じ電車で向かっていたのに、平日にもかかわらずNEXが満席だったため、席を移動できず・・(-_-)無事、第二ターミナルで出会えました。

チェックインを済ませ、ご飯を食べることに。たぶんしばらく日本食のおいしさを味わえないだろうから、「そじ坊」行きました。おそばとネギトロ丼のセット。私、ネギトロ丼かなり好物。3食いけます。

お昼を食べて、満足。そしていよいよ入国審査へ。
泣いちゃだめだと言い聞かせ、ちゃんと泣かずにバイバイできました。

ゆみ、仕事休んで来てくれてありがとう。
早くアメリカのビザ取れること願ってます。

DUTY FREEは貧乏学生には用はないので、スルーしてゲートに向かう。

座って一息ついて、ボーっと飛行機を眺めてると、いろいろな人からメールが届いてました。中には両親からも届いていて、甘やかされて育った私は、これで火がつき、グズグズしちゃいました。もういい大人なのに。いかに自分が今まで甘えてたかがわかります。。。

到着後。

部屋に入って一息ついて、ふと考え始めたら止まらなくなって
今日だけは、ということで、思いっきり泣かせていただきました。

今日だけ、今日だけ。

明日からはもう大丈夫。たぶんね。

まさか自分がホームシックになるとは思ってなかったけど
さっき(21日夕方)まで自分の勘違いによりネットがつながらなくて、韓国に知っている人は何人かいるけど、ケータイも持ってないから連絡の取りようもなくって、うまく韓国語が伝わらない時があって、かといって誰ともしゃべれなくて、ってのが一気にたまり、
なんでここに来たのかわからなーい!!というとこまできてました。
よっぽど甘やかされてたんだなー、私。

でも、もう大丈夫。目が腫れて開かないくらい泣いたから。
早く学校始まればいいのに。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。