1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国語能力試験TOPIK
2009年04月25日 (土) | 編集 |
先週の日曜日に受けてきました。


「時間がない」は言い訳なのですが、全く勉強していなかったので、前日の夜受けるのやめようか考えたぐらい。

せめてもの悪あがきに時間配分を初めて考えてみた。
全体の時間は、語彙・文法・スギ(書き取り)で90分。トゥッキ(聞き取り)・イルキ(読解)で90分。

おお、、そうだったのか、、、(いまさら)


前半は、いつも作文に時間が足りなくなるから少なくとも40分は作文に使いたい。
まともに過去問なんて解いた試しがないけど、経験上、語彙や文法をゆったり解いてるひまはないってことはわかる。


ガリガリ答えて過去を振り返らずひらめきを大事にしてみたところ、なんと作文が終わったところで時間があまる奇跡が!

今までギリギリばっかりだったのに。(時間配分してないから)


やればできるね!

・・いや、まて。そもそもガリガリ部分の答えの信憑性なんてたかが知れてる。


さ、お調子に乗った雑念は振り払い後半に集中。


トゥッキは全員同じ時間配分されてるわけだから、どれだけ先に問題に目を通しておけるか。


超集中したね。私。


この試験の合否にはふたつの基準があって、平均点と合格点。
「4科目の平均点が一定ラインを超えてるか」と同時に、「すべて合格点に達しているか」。
つまり「平均的に」「それなりに高い」点数をとらないとダメなんです。
どれか一つが良くても、それか一つが悪くてもダメ。
でもね、ある程度平均点をひっぱりあげてくれるものも必要なわけです。

私にとってそれはトゥッキ。

ここでとらなくてどうする。
そのプレッシャーが集中力を高めてくれたようです。


その反動からから


その後のイルキ


ものっすごい眠気に襲われましたがーん





集中力意味なし。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
すごいわナツ
私はあんまり役に立たたないと思いつつ
ハングル能力検定に再チャレンジ
6月にね

TOPIKはなんか敷居高くてなぁ
もうちょっと頑張んないとチャレンジできないわ
2009/04/26(日) 00:24:37 | URL | かよ #-[ 編集]
すごくないよー試験料さえはらえば受けれるからww

ハングル検定は昔3級受けたことあるけど、ハングル検定のほうが級があがるほど難しいと思うよ~。日本語から韓国語の翻訳とか、面接とか無理~!

検定頑張ってね!
2009/04/26(日) 10:18:17 | URL | ナツ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。