1年半弱の韓国留学を終えて帰国、そしてその後。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとっとび
2009年11月30日 (月) | 編集 |
仁川ー金浦をつなぐ空港線AREXに初めて乗りました。

仁川空港の地下から鉄道駅につながる通路。
PICT1974.jpg

改札。
T-MONEY使えます。
ソウルナビのHPには、直通電車は全席指定と書いてありますが、そんなことはなく全席自由席でした。料金は通常8500ウォンらしいのですが、3200ウォンに値引きされていました。運行間隔が60分と書いてあったので、すぐに乗れた私はラッキーだったのか。そもそも直通が結構あるものなのかは不明です。8500ウォンだったら、絶対乗らないww
PICT1976.jpg

ホーム。
ちゃんとホームと電車の間のスクリーンはありますね。思ったより人はいません。
PICT1980.jpg

車内。
途中の駅に行くつもりなのに、直通に乗ってしまう人が多いためか、お姉さんが「この電車は金浦空港まで直通運転ですよ~」とお知らせして回っていました。
PICT1983.jpg

意外や意外、その言葉を聞いて降りていく人もいたので、
途中の駅を利用している人も結構いるみたいです。

9号線もそうですが、途中駅が未完成のまま開通しています。
景色を見ても明らかに利用客が少ないだろうと予想できる駅があるのですが、それでも駅を作っているということは、それなりに利用客がいて収益が見込めるということなのでしょうか。
韓国の首都はご存知ソウルですが、仁川は今注目の都市だそうです。確かにソウルはもう人口密度もいっぱいいっぱいだし、地価も高いためにこの不景気の中、企業が投資するにはなかなか大変なようです。それに比べて仁川はソウルよりも地価は安く、ソウルからもそんなに離れていないし、空港は近い。企業特区を作るような話もあるようですし、それを見込んでのことなのかな~なんて、いらぬ詮索をしてしまいました。

にしても8500ウォンじゃ、絶対乗らない。
意外に空港から歩くから、それならバスで十分だな。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。